スコーン

プレーンスコーン▲プレーンスコーン

最近スコーン作りにはまってて、て言っても、今日が2回目だけど。今回も1回目と同じレシピで作ったんだけど、今回の方が美味しかったー!今回は数を少し多く作りたかったから、一個を小さめに。

朝からキッチンのpantry(食材棚)をジュディと掃除&整理した後は、コーヒーとスコーンでアフタヌーンティー❤

焼き立て最高!

外はサクサク、中はふんわりしっとり!イチゴジャム(本当はホイップクリームも添えたかったけど我慢した・・)を付けて頂きました。何個でもイケちゃうから恐ろしいね。ジュディも「もうこれで絶対最後。」って言いながら美味しそうに食べてくれたよ。

ごちそうさま!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スコーンって見た目もかわいくてすき。
遠いむかし、ケンタッキーのビスケットに近づけたくて頑張って作ってたな…
とにかく焼き立てが1番うんまいよね( ´ ▽ ` )ノ

Re: タイトルなし

☆キョウコさん
ほんとにそうですねー!焼き立てを知ったらやばいですっ。
あー、また食べたくなってきたー。

No title

もう、写真だけで、ヨダレ出てきちゃうー!
おいしそう♪
ほんと、お料理上手ですね☆
うらやましぃ~!!
納豆ごはんの私とはえらいな違いです(^^;)

Re: No title

☆のりちゃん
スコーン、作ってみたら簡単だったよー!
きっとのりちゃんも作れるはず!!
美味しいからレシピ検索して挑戦してみて。

納豆ご飯がいつでも食べられる環境、私からしたら逆に贅沢~゚+。゚(・∀・)゚。+゚
プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: