キャンベラ滞在1 DAY2-オーストラリア国会議事堂-

国会議事堂入口のエミュー&カンガルー▲国会議事堂入口の国章

「キャンベラ1 DAY1-オーストラリア戦争記念館-」の続きで、今日は国会議事堂の様子をご紹介。


DAY2

国会議事堂へ続く道▲真っ直ぐ伸びるKings Avenue

先日戦争記念館から見渡した真っ直ぐに伸びる道を運転して国会議事堂へ向かいます。

国会議事堂入口▲国会議事堂入口

地下駐車場に車を停めて、早速建物の中へ!

国会議事堂▲なんだかモダンな外見です

▼エミューさんとカンガルーさんもモダン
国会議事堂入口トップトップ画像はこの国章をズームで撮ったものです。青空に白とシルバーが映えるー。

国会議事堂エントランスホール


















▲建物入ってすぐのエントランスホール

ボディーチェックと持ち物チェックを通ったら、スペース広々なエントランスホールがどどーん。グレーマーブルの丸い柱がたくさん。それに頭上を見上げると、天井は日本の障子?のようなデザインです。

中に入れば堂内を自由に見学できます。

議員や女王の写真▲首相やエリザベス女王の写真

現豪州首相のJulia Gillard(ジュリア・ギラード)氏やその他議員の写真、エリザベス英女王や歴代豪州首相の肖像画がずらり。

各院の部屋▲各院のお部屋

オーストラリアの連邦議会は、The House of Representatives(下院)とThe Senate(上院)の2つの議会を持つ二院制を採用しています。緑がHouse of Representatives、赤がSenate。こちらも出入り自由で、上手く時間帯が合えば、討論?会議?を傍聴することも可能みたい。

Great Hall▲Great Hall

こちらのお部屋はGreat Hallと呼ばれ、重鎮たちのパーティーや舞踏会が開かれるイベントホールでした。

実は、ここまでご紹介した国会議事堂、新しい国会議事堂で、数年前までは↓の旧国会議事堂が使用されていました。

旧国会議事堂の後ろ側▲新国会議事堂から旧を眺めて

新国会議事堂を見学したら、車で旧の方へ移動。ちなみに奥の山の麓に小さく見えているのが、前日に行った戦争記念館。

花とレストラン▲綺麗なお花とレストラン

敷地内にはテニスコートがあったり、お庭があったり、レストランもありました。

旧国会議事堂▲今は博物館の旧国会議事堂

現在博物館として使用されている旧国会議事堂。中には入らなかったのでご紹介できませんが、入館するにはたしか入場料を取られました。

旧国会議事堂の国章▲旧国会議事堂の国章

こちらにもエミューさんとカンガルーさん、いらっしゃいました。

旧から新を眺めて▲旧から新を眺めて

今度は旧国会議事堂から新の方を撮ってみました。ポタ夫に「アレヤッテ。」とムチャぶりされ、なんとなくこんなポーズになってしまいました。

・・・

さて、12時も回ったところで、シティセンターに戻りランチです。この日、私の満腹中枢、機能低下♡

「またイタリアンが食べたーい!夜は質素でいいからー!」

昨日食べた『La Scala』のお隣にあったポップでキュートなカジュアルイタリアンレストラン&カフェ『milk and honey』でトマトソースのシーフードパスタとデザートまで注文しちゃったよっ!

二日目のランチ▲こういうの待ってました

シーフードたっぷり、トマトソースがリングイネに絡んで美味しーぃ。さすがにケーキは半分くらい残しちゃったけど、濃厚で美味しいNYチーズケーキ(チョコ味)&チャイラテでした❤

・・・

これで一週間ちょっとのroad tripはおしまい。コンピューターグラフィックで描いたような青空をドライブしながらhome sweet homeのシドニーへ戻りました。チャンチャン♪

CGみたいな青空▲楽しい旅をありがとう!

またまたポタ夫に感謝です☆
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: