<追記>Wedding Cake-Wedding準備-

▼Wedding cakeの色々
Wedding Cake先日、ウェディングケーキの打ち合わせのため、Judy(義理母)とともに、とあるpatisserieに出向きました。イタリアはシシリー島出身のVera&Samご夫妻が切り盛りされていて、HPもないくらいとてもとても小さなお店です。お店に入ると、奥さんのVeraが"Hello darling!"とイタリア語訛りの挨拶で迎えてくれます。

私たちの結婚式は来年の元日を予定しているのですが、クリスマス前からNew Yearまでの期間はほとんど全てのお店(patisserieだけでなくどんな業界も失速→営業停止状態の期間です)が閉店する中、このお店は大みそかにケーキを準備してくれるというのです。しかも、レセプション会場のすぐ近く。

自分で言うのもなんですが、私はあまり結婚式にこだわりがありません。でも、ケーキは生クリームがいいです。バタークリームやこちらで主流のイギリス伝統のicing cakeなんて論外だと思っていました。そのくらいの小さなこだわりはあります(ウェディングケーキに限らず普段食べるケーキもそうだから、結婚式に対するこだわりとは言えないけど)。

ところが打ち合わせに行くと、「真夏だし時期が時期なだけに、前日に準備することを考えるとicingにするべき。」とのこと。

がーん。がーん。がーん。「あり得ない。」と思いました。

あまりのショックに"My wedding cake can't have icing on it."(私のウェディングケーキにアイシングとかあり得ない。)と思わず口に出して言ってしまいました。今思えば本当にごめんなさい。

Judyも、「ほとんどの人がicingは好きじゃないのよ。甘過ぎるもんね。みんな剥がして食べるくらいよ。」と、なんとか私を説得しようと試みましたが、その場では納得のいかなかった頑固で幼稚なtmkは、「デザインも私好みで、スポンジもしっとりでものすごく美味しいけど、考える時間をください。」と伝えて、その日は最終決定をできずに帰宅。

家に着いて落胆しつつも日本から念のために持参していたOggi9月号の付録『Oggi Wedding』をパラパラ捲っていると、『憧れのシュガーケーキ!』の文字の横にicing cakeの写真。「憧れ・・?いやいや、憧れないから。」と思いつつも、付録でくっついてきたwedding雑誌に結局なんとなく励まされ、「仕方ない。時期が時期だし、ウェディングケーキを準備してもらえるだけでも感謝。」と、今日、再度Veraのもとに出向き、wedding cakeを最終的に注文してきました。恐るべし雑誌効果。

この際味は期待しないから、どうか見た目だけでもイメージに近いものが出来上がりますように。

               ----- 以上、2011/10/12更新 -----

<追記>
当初予定していたvenue(結婚式会場)から新しいvenueへ変更したら、新しいvenueのパッケージには1 tier wedding cakeが含まれており、これをお願いすることにした。よって、私たちのwedding cakeは2段3段にはならないが、“段”に全くこだわりのなかった私は、こういう結果になって正直すごくよかったと思っている。

だって、ただじゃん?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夏になるんですね

TimTamをむさぼり食いながらのコメントですv-221
夏場だから生クリームとか厳しいんですね(;_;)
私はicing cakeはデコレーションがかわいくていいなと思いますよ~♪

Re: 夏になるんですね

v-119のりちゃん
またまたコメントありがとー^^♪

Timtam美味しいよねー。意外に日本人の口に合うよね。
こちらにはいろーーーーんな種類のTimtamがあるよー!

アイシングケーキ、のりちゃんが言うように可愛いからいっか!で決めました^^;
プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: