その他諸々-Wedding準備-

結婚式招待状▲送ればいいやっ!くらいの招待状

◇招待状
日本風にしたら?という義理母の提案で日本から調達して持参したけど、もっと派手なデザインにすればよかったかな。テーマカラーにはマッチしてたんだけど、シンプル過ぎたーっ。中には案内状と日程・場所を。

案内状もRSVP(出欠返信用のカード)も封筒の宛名もこちらの印刷会社に頼み直すこともできたんだけど、そっちのやり取りの方が億劫に思えて、結局自分で印刷。

RAVPと返信用封筒はこっちでテキトーに調達。カードなんて、名刺作成用のカードに名刺作成用アプリで印刷しただけ(笑)

◇お礼状
結婚式後のThank you card(お礼状)がこれまたテキトー。その辺のお店で調達したふっつーのThank you cardに手書きでお礼を添えて送付して終わり!テーマカラーも全部無視!(笑)

◇セレモニー台本の和訳
The Vows和訳▲セレモニーの和訳

セレモニーの台本を日本チームのために和訳して、他の用途のために買ってあったゴールドの紙をカバーにしてリボンで結んで出来上がり。伯父&伯母の豪入り前日になんとか終わらせた=3

◇ウェルカムボード&メニュー
その他、レセプションに出すコース料理のメニューや、会場のウェルカムボードはぜーんぶ会場に丸投げ!どんなデザインになるのかも全く確認せず、信じ切りまりた。だって、面倒だしもうメンタル的にきつくて・・・(笑)でも特に問題なしだったので結果オーライッ(・ิ∀・ิ๑)!

◇会場デコレーション
レセプション会場▲会場セッティング

当日の会場設定は、元旦ということもあり、デコレーションの配達だけで業者に頼めば数十万と言われました・・(_△_;)そしたらありがたいことに、義理母のお友達の娘さんがこういったイベントごとでのデコレーションに慣れているからと、当日の朝、わざわざ会場に出向いてセッティングをしてくれました。

デコレーションに必要な材料を見繕ったのは、彼女が教えてくれたWHOLESALE WEDDING SUPERSTOREというオンラインストア。

私が注文したのは、椅子に結んだピンクのリボン、ピンクのテーブルクロス、ボンボネアーの扇子、花瓶に入れる予定だった粒々のゼリー、花びら。ここ、安くてかなり助かりましたっ!

オーストラリア内であれば登録さえすればどなたでも利用できるはずなので、結婚式以外でもなにかイベントごとやらでデコレーションの材料その他諸々が必要な際には便利かと思いますー。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: