食事処ポツ屋☆手羽の黒酢煮込み(レシピ付き)

wings.jpg▲照り照り♪

Morning everyone! How's your week going? みなさまおはようございます。木曜日ですね。週末もそこまで!という感じですかね。

さて、先日久々に作った手羽先と手羽元の黒酢煮込み。ポタ夫が好き過ぎていつも足りないので倍の量で作ったらさすがにそれは多過ぎました(苦笑)私もこのお料理は大好きですが、さすがにしばらく続くと空きます。でも毎回作る度にとっても美味しいのに煮込み料理は放っとけばいいので楽でいいですよね。

FBでお友達からレシピリクエストがあったのですんごい雑だけどこちらにもコピペしておきます。って、参考にする人なんているのかな?wまいっか。

【手羽の黒酢煮込み(手羽12本分のレシピ)】
手羽にブツブツフォークで穴を数カ所開けて、塩胡椒を揉み込むように下味。フライパンにごま油かサラダ油で中火で手羽の両面をパリッと(生焼けでOK)。余分な脂が出てくるのでフライパンを傾かせてキッチンペーパーで吸い取らせながら。

フライパンの真ん中を開けて砂糖大さじ1強を入れ溶け出したら手羽と絡ませる(これ照りとコクのポイント)。絡んだらしょう油1/4カップ、酒と黒酢1/2カップずつ、水2/3カップ、はちみつ大さじ2、しょうがのスライス、ネギのぶつ切りを入れて蓋をして1時間程コトコト。途中数回全体を大きくかき混ぜて汁気を絡ませる。

私はいつも1時間かからないくらいで汁気が減ってほろほろになってるから味を見て甘さ辛さを最終調整。ウチは少し甘めが好きだから最後にはちみつとお砂糖をまた少し加えて調整してるよ。最初のお砂糖を少し増やしてもいいかも!からしを添えてどうぞ召し上がれ。

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: