花嫁振袖&紋服-Wedding準備-

Kimono
▲試着後の着物の山

こちらシドニーでも着付け教室や和装レンタルをビジネス展開されている方が数名いらっしゃるようです。私の結婚式で着る花嫁振袖と彼の紋服は、オーストラリアで15年以上にわたり山野流本間万紀子着装教室を主宰していらっしゃる本間先生にお願いしてあり、先週末彼と一緒に試着&打ち合わせに行って来ました。

本間先生は、結婚式用振袖はもちろん、男性用の羽織袴、パーティー、七五三など、ありとあらゆる和装シーンでの着付け&レンタルを取り扱っていらっしゃいます。伺ったところ、先生はシドニーに25年も在住されていて、かなり現地のことも詳しいし、お人柄も優しくて明るい方で一安心でした!

私は、事前に送って頂いていた写真の中から10着程試着したい着物を選んでおり、ほぼ全ての着物に腕を通しました。その中からビビッときた3着に絞り込み、メールで写真送付後妹と母の意見を参考に、私の振袖は無事決定。

▼(上・左下)振袖候補の3点 (右下)丈合わせ中のポタ夫
kimono mix彼の紋服においては、袴はサイズがありましたが、羽織と着物はこの日先生が用意してくださっていたモノでは袖が足りず、大きいサイズがあるかどうか現在日本に確認してもらっている最中です。私より和装を楽しみにしている彼のために、どうか合うサイズが見付かりますように・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本と変わらないね。そちらで式挙げる人も多いのかな。やはり日本人はすごい。
コメントうまく届くか心配

Re: No title

v-218Yukoおばちゃん
コメントちゃんと届いてるよー!ありがとー^^

彼が和装をしたいと言い出した時は、
まさか本当に着付け教室がシドニーにもあるとは思わなかったけど、
探してみてよかった。

あとは彼のサイズだけがそろえば一安心ですが・・
最悪の場合、私だけ着物でーす。

すごい!

オーストラリアでもこんな素敵な着物が着れるんですね~!
彼のも楽しみですね♪

No title

前から見ないと分かりませんが伯父さんも私も左側の総模様が良いと思います。

Re: すごい!

i-221のりちゃん
ねー!私もまさか着れると思ってなかったから
見付けた時はかなりテンション上がりました^^
これから帯やら小物もそろえてもらうので楽しみ♪

Re: No title

i-221Yukoおばちゃん
ありがとう!メール送っておきました。
プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: