スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポタ夫のジャパ弁-10月-

12177830_10103491011856174_1331134394_n.jpg▲お弁当持ってピクニック~♪

12177830_10103491011876134_670070968_n.jpgみなさま、おはようございます!今日も朝から快晴のアデレードです☀☀☀今月は知らぬ間に1ヶ月が終わってました~(笑)

そんな感じでお弁当も味付けご飯に頼りっぱなしでしたが、今月のポタ夫のジャパ弁、一気にいってみよー!

※写真編集上、実際の弁当デーとは順番が異なります。








①外で食べるお弁当の美味しさよ!からあげ×卵焼きのゴールデンコンビ弁当
(エビマヨ風、粉吹きいも、おにぎり2種)

こちらは先週末に近所の公園で開かれた日本のお祭りに持って行ったお弁当。会場にも食べ物の屋台が出てるのは知ってたんだけど、高い割に美味しくないので当日の朝突然思い立って出掛けに即行で作りました。会場に着いたら、やっぱり持って来て良かった!

Bento1_2015103008520377a.jpg▲丼もの弁当たちがtmkの時間のなさをひしひしと物語っております・・・

②初の試み☆焼き鳥丼弁当
(餃子、ネギ入りたまご焼き、別容器にネーブル 写真なし)
③こういう日のために買っておいたのよ、ポタ夫の大好物☆ボイルだけで完成うな重弁当
(たまご焼き、イカと野菜の炒め物)
④定番中の定番☆3色鶏そぼろ弁当
(チーズ×ハム×キャベツの春巻き)
⑤これは美味い!ガーリックステーキ炒飯弁当
(たまご焼き、パプリカソテー、アスパラの黒胡麻和え)

Bento2_20151030085206efa.jpg▲ステーキが2回も登場した10月

⑥アングロサクソン大絶賛☆和風ステーキ弁当
(ポテサラ、白菜とビートルートの中華サラダ、枝豆)
⑦どれだけチキンに頼るのさ!?ふっつーの鶏のからあげ弁当
(カニカマ巻きたまご焼き、アスパラハム巻、さつま揚げ)
⑧毎週水曜日のお決まりコース☆サンドイッチ弁当
(えび×アボカド、BLT、ハム×きゅうり×チーズ、別容器にフルーツ 写真なし)
⑨いつも大変お世話になっております(しんみり)☆鶏のTERIYAKI弁当
(餃子、青梗菜炒め)

Bento3_20151030085206c8d.jpg▲後半戦

⑩このお弁当が自分的に一番好き☆カレー風味鶏の竜田揚げ弁当
(たまご焼き、レモン塩鮭ソテー、野菜とカニカマの中華炒め、別容器にフルーツ 写真なし)
⑪はい、出たー。もうVIP待遇させていただきます☆鶏のTERIYAKI弁当
(別容器にツナ×ミニトマト×ブロッコリーのマヨ和えサラダ 写真なし)
⑫ポタ夫の職場に電子レンジがあるからこそできる技!野菜のチキンロールチーズ乗せ弁当
(たまご焼き、鶏ミンチの白菜ロール)

最初はお弁当の詰め方を上達したくて自分用の忘備録として載せ始めたポタ夫のジャパ弁シリーズも、この10月で2年目に突入!と言うことは、私のお弁当作りも丸3年が過ぎたというわけです(+_+)「いやー、一日も欠かさんで自分毎朝よーぉがんばっとるたーい!」と思わず熊本弁で自分を誉めたくなります。自分の中で、「昨夜の残り物をお弁当に詰める場合は、日を空ける」というルールがありまして、なるべく同じおかずが連続しないようにしてます。

そのくらいの気遣いしかできないけど、これからいつまで続くかわからないジャパ弁生活、詰め方の上達も未だクリアできていないけれど続けてきたことを自信にして、これからも見た目はともかく愛情たっぷり、無理をしないお弁当生活を続けていこうと思いまーす!

・・・

Washoku dinner▲和食が一番落ち着く今日この頃

かなり前になってしまいますが、自家製カニクリームコロッケ作りましてん。実は個人的にコロッケって白米🍚のおかずにできないタイプで、好んで選ぶおかずじゃないんだな。意外と手間ひまかかると思われがちなクリームコロッケ、予想相当に手間ひまかかります 笑泣 でもねでもね、外はカリッ、中はトロッを一口食べればその苦労も吹っ飛ぶよ。また作ろ👅ポタ夫も絶賛でおっしゃー💪

さて、今日は久々に終日休業にしたので、これからお友達とランチに行って来まーす!みなさまも、have a fab weekend!

tmk xx

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします❤


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。