スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Ichitaro Dining』

11287221_10103202013610974_888755850_n.jpg▲思ったより小さめの店構え

みなさま、おはようございます!今週は木曜日くらいまでずーっと雨、雨、雨!のアデレードです。現に今もしとしと降り~☂

さて、前回の記事でも予告していた通り、週末はポタ夫の誕生日を祝うべく、アデレードのお店情報にアンテナの高いお友達Mさんに評判を聞いて、『Ichitaro Dining』へ行って来ました。

11418445_10103202008820574_1984344679_n.jpg▲Sashimi Moriawase

ランチセットを目的に行ったのですが、ポタ夫がFBであらかじめチェックしておいた刺身&寿司セットがランチセットにはなく、単品のお刺身盛り合わせを前菜に注文。まぐろ、ぶり、サーモン、ホタテの4種盛り。日本人の好みと違ってこちらの人って柔らかめのお刺身を好む人が多いんだけど、こちらでいただいたお刺身は、身がこりこりの日本人好みのとっても美味しいお刺身でした!生魚があまり得意ではなく、超新鮮で美味しいお刺身しか食べない私が言うのだから間違いないと思います。

▼久々の新鮮なお刺身に感動中
Potao at Ichitaro和食大好きのポタ夫はなんと、ホタテのお刺身を食べたことがなかったらしく大変感動しておりました。

こんなんなら熊本帰省中にたっぷり食べさせてあげればよかったわー。

次回帰省時のTo do listには「天草でお刺身(ホタテはマスト)」を入れておかなくちゃ!

11419849_10103202008840534_1954453294_n.jpg






▲チキン南蛮セット

tmkは、数種類あるメインから1つ選ぶスタイルのランチセットよりチキン南蛮をセレクト。白米をお寿司にグレードアップできるのですが、チキン南蛮には白米だろうとグレードアップはせず。お味噌汁とサラダが付いてきました。

チキン南蛮はね、残念ながらauthenticなチキン南蛮ではなくチキンのフリッターに甘酢が絡めてあるお料理でした。ローカルピーポーにはこちらの方がウケがいいのかしら?ただ、甘酢は甘さと酸味がバランスよく作ってあったし、ちゃんとタルタルも付いていて、チキン南蛮とは別物の料理としてこれはこれでとっても美味しかったですよー!「ザ・チキン南蛮」を食べたいのであれば、自分のチキン南蛮の方が自信あるな!(←自分で言うたで 笑)

ちなみにポタ夫のメインは、お魚セットでサーモンの包み焼でした。こちらはね、椎茸のお出汁が深みのある味付けでgood。

Ichitaro1.jpg▲食べる直前に髪の毛結んだら前髪ワサ~

デザートには抹茶パンナコッタを注文して2人でシェア。これ失敗だったー!甘さ控えめであんこと黒蜜との相性はいいんだけど、これはパンナコッタではない!本来のパンナコッタよりテクスチャーがかなり固めで、全然tmk好みではなかったよー。これはパンナコッタ呼んだらだめよ。百歩譲って抹茶プリンだよー。しかもこの大きさと満足感でAUS$9.00・・・(-_-;)納得いかず。

全体的な感想としては、「また何かあれば行きたいお店止まり」ってとこかな。お店の雰囲気も接客も良かったし、デザート以外のお料理も美味しかっただけど、なんとなーくイマイチ満足できなかったのは、きっと全体的にお値段高めだからだと思います。もともと外食が高いオーストラリアでさらに日本食ともなればそれなりのお値段になるのは覚悟してますが、うーん、このクオリティでこの値段か~というのが正直な感想かな。だったら自宅で作ります!が叶っちゃうクオリティ。これが逆に、あと数ドルずつ安くてこのお味だったらかなりの満足感で家路に就いたはず。お店の雰囲気は小洒落ているだけに少し残念!

それでもポタ夫は白米をお寿司にグレードアップして、大好きなお刺身も食べられて大満足のバースデーランチになったようです。

あー、日本帰りたい。ポタ夫、東京か福岡在住にならんかなw

Ichitaro Dining
Address: 160 King William Rd, Hyde Park SA 5061
Phone: (08) 8272 8921
月~土 11:30am – 2:30pm, 6:00 – 11:00pm
日 休み

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。