3rd Wedding Anniversary at 『THE DINING ROOM』

Steak_20150109103630909.jpg▲アートな盛り付け

みなさま、こんにちは!今日も朝から曇り空のアデレードでしたが、お昼を過ぎた今は雲の切れ間から青空が覗くようになりました。このまま晴れてくれるのかしら・・・?

さて、1月1日は私とポタ夫の結婚3周年記念日。は、早い・・(*_*)とは言っても、ポタ夫の仕事の関係で結婚後すぐに9ヶ月離れ離れ、2014年も彼の海外赴任で半年離れ離れだったので、夫婦になってからは3年経ったけど、実質一緒に生活したのは2年弱。そのおかげ(?)か、未だに(新婚当時とは違った形の)ラブ度上昇中のポッツ家であります(のろけ♡)

The Dining Room▲シドニーでお祝い

今回のお祝いでお世話になったのは、Park Hyatt Sydney1階にある『THE DINING ROOM』というレストラン。予約時に結婚記念日である旨をお伝えしていたからか、テーブルからオペラハウスが目の前に見える特等席でした!

お客さんが増えると写真を撮りにくくなりそうだったので、カクテルとワインを頼んだらすぐにウェイターさんに頼んで記念写真。若干気持ちが焦っていたせいか、微妙な笑顔。おまけに、形も柄も色も至極気に入って購入したはずのワンピース、なんだか老けて見えるな・・。

Lunch_2015010910263379c.jpg▲コースの内容

tmkもポタ夫も3コースランチを注文。前菜はtmkがSeared bluefin tuna, beetroot & raspberry condiment, dashi & sumac(炙りツナ)、ポタ夫はDuck foie gras, rhubarb & hibiscus, red & black berries, brioche(ダックのフォアグラ)。

メインはtmkがO’Connor pastured fed beef tenderloin, pomme purée, tomato concassée & Provençale condiment(牛ステーキ)、ポタ夫がTasmanian salmon, glazed asparagus & mizuna, salsa verde & raisin tapenade(サーモン)。

デザートは2人とも“The Classic” Crème brûlée & vanilla bourbon(クリームブリュレ)。こちらのクリームブリュレが人の顔ほど大きく、半分残しました。あんな大きいクリームブリュレ初めて見たわよ。その上、サービスで「結婚記念おめでとう!」とメッセージが書かれたチョコレートムースまで登場。このチョコレートムースがまた濃厚でシルキーで最高なのよ。しかしデザート2個は多過ぎますね。甘党のtmkもさすがにギブです。(あー、もったいない!今ならペロリいける!)

何かの記念日や大切なイベントごとにはもちろん、観光の際にもおすすめのレストランです。ただね、ポタ夫のように「今日くらいは!」と気が大きくなって値段を気にせず注文しちゃうと、ドリンクのせいで予算の倍くらいのお勘定がやってくるので、そこだけ、要・注・意

サービスも、お料理も、ロケーションも、雰囲気も大満足で、今思い出しても至福のひとときでした!ポタ夫、ありがとう!

IMG_8375.jpg▲2015年もよろしく!

知人から「すっかり素敵なマダムね。」と言われてしまった老け顔の記念写真で〆っ!

ポタ夫、結婚してくれてありがとう。

THE DINING ROOM (Park Hyatt Sydney)
Address: 7 Hickson Road, The Rocks NSW 2000
Phone: (02) 9256 1234
http://sydney.park.hyatt.com/en/hotel/dining/TheDiningRoom.html

関連記事
「2nd Wedding Anniversary at 『Windy Point Restaurant』」
「1st Wedding Anniversary at 『waterfront』」

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: