スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルボルン旅行1 DAY3-グルメ編 『Journal Cafe』-

IMG_4625.jpg▲自宅にこういうカウンターコーナー欲しい❤

Hi everyone! How's it going? :)

ということで、今日も快晴のアデレードより最後のメルボルン滞在記をお届けします。昨日のアデレードはね、最高気温37℃まで上がって、10月にしては史上最高温度だったみたいよー。いやー、久々に暑かった。今日はまた28℃と過ごしやすいカラッとした気候になっとります:)

さて、たった2泊3日のメルボルン旅行をかなりかみ砕いて連載したので長いシリーズになってしまいましたが、今回でこのメルボルン滞在記シリーズも最終回~。最終日に朝食を食べた『Journal Cafe』のご紹介でーす。

IMG_4621.jpg▲いい感じの雰囲気

行く前にね、せっかくだからメルボルンで人気のカフェをググってここに行ってみたわけだけど、到着するとなんと、図書館内に併設されてました。

IMG_4623.jpg▲As usual

いつものカプチーノ♪このカプチーノ、特別美味しかった。バリスタさんが日本人っぽかったけど、違うかな。(ちなみにメルボルンには何年か前の世界バリスタ大会で2位になられたバリスタさんの働くカフェがあります。)

IMG_4624.jpg▲クロワッサンやばい美味しい

ハムとチーズのクロワッサンサンド。何気ないこのクロワッサンサンドが温かくてふわふわで最高に幸せな味。コーヒーを啜りながらしばし人間ウォッチングー♪

さすが人気店で検索して出てきただけのことはあって、ローカルの人たちから愛されてる感がすごかった。出勤前のビジネスマン&ウーマンがたっくさんでほぼ満席だったもんね。お気に入りのドリンクや軽めの朝食を片手にパソコンたたいたり、新聞に目を通したり、友達をお喋りしたり。あーん、出勤前のこういう時間の使い方、良いーっ!!

IMG_4626.jpg▲隊長!何やら発見しました!(きりっ)

カフェを出てホテルへ向かう途中、何やら美味しそうなバゲッドサンド屋さん発見!しかも早足で出勤・通学するローカルピーポーがすたっと足を止めてちゃちゃっと買って食べながら歩いてる!

私も買います(`・ω・´)ゝキリッ

IMG_4627.jpg▲お客さん多いやろ?

お客さんが行ったり来たりで写真を撮るにも一苦労。

▼ゲットー(σ・з・)σ
IMG_4629.jpgと言うわけで、帰りの道中ランチ用にバゲットサンドを購入。

Packing_20141022143906bf1.jpg













▲お別れの時

あー、帰りのパッキングほど悲しいもんはないねーぇ。けど名残惜しいくらいがちょうどいいか!また戻って来れることを願って、ここから8.5時間のロングドライブでアデレードまで戻りました。

8.5時間のロングドライブと言ってもね、シドニーに帰るのと比べたら半分。ドア・トゥー・ドアでもポタ夫3時間→tmk3時間→ポタ夫3時間のドライブで到着しちゃったもんね。またすぐにでも戻りたいメルボルン旅行、ポタ夫、ありがとう!

メルボルンは日本人の誰に聞いても「良い!」と聞きます。もしオーストラリアにご旅行の際は、特に女子たちはシドニーもいいけど、ぜひメルボルンもおすすめです!

では、長いシリーズにお付き合いくださりありがとうございましたー。

Journal Cafe
Address: 253 Flinders Ln, Melbourne VIC 3000
Phone: 03 9650 4399
http://journalcafe.com.au/
月~金 7:00 am - 8:00 pm
土・日 8:00 am - 6:00 pm

関連記事
「メルボルン旅行1 DAY1-街並み編-」
「メルボルン旅行1 DAY1-グルメ編『IL BACARO』-」
「メルボルン旅行1 DAY2-街並み編-」
「メルボルン旅行1 DAY2-グルメ編 『とあるレーンウェイのとあるカフェ』-」
「メルボルン旅行1 DAY2-グルメ編 『PONYFISH ISLAND』-」
「メルボルン旅行1 DAY2-Yarra River Cruise編-」
「メルボルン旅行1 DAY2-グルメ編 『Café Segovia』-」

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします❤


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。