結婚式①-当日朝~会場到着-

待合室で家族と
▲セレモニー開始前に待合室で家族と(父、寝る・・。)

カメラマンからの写真が届いて、仕分け&整理をして、とりあえず結婚式当日朝~会場到着までの写真は載せられる状態になったので、自分自身の記録として、そしてMixiやFacebookをしていない日本の家族&友達のために、結婚式のレポートを綴っていきたいと思いまーす❤

㊟自分たちのカメラで撮った写真も混ざっているので、画質が悪いものもあります。また、長いレポートになるの予定なので、興味のない方はスキップしてくださーい^^

2012年1月1日(日)朝 快晴 ウェディング会場&その周辺

会場の周り
▲会場のレストランはオペラハウスとハーバーブリッジが目の前

心配したお天気も、年末年始の家族がシドニー滞在中は完璧なお天気!もちろん式当日も雲一つない真っ青なシドニーブルーが広がりました。シドニーは青空と曇り空ではまったく表情が違うから、これは本当にどのカップルも気が気じゃないんです。

ハーバーブリッジとオペラハウスを眺めて
▲今見てもほんとに青い

この日はピーカンだったにも関わらず、なぜか気温はそこまで高くなくて、後半和装に着替えた私たちにとっては最高のお天気となりました!

会場のレストラン側
▲煉瓦造りのレストラン、こじんまりだけど本当に可愛い会場だった❤

セレモニー会場
▲セレモニー(お式)の会場

こちらの結婚式、大体はセレモニーを教会で済ませてレストランやホテルへ移動してレセプションっていうパターンが多いみたいです。私たちの場合は、ゲスト30人前後で結婚式のサイズも小さいし、何より移動が面倒で、教会やガーデニングでのセレモニーを元々希望していなかったので、セレモニーもレセプション(披露宴)も同じレストランで済ませました。ゲストも移動が多いと大変かなと思ったしね。(移動が挟まるの、自分が一番イヤだった・・・)

だからセレモニーとレセプションの会場は隣同士。

レセプション会場
▲ドアを通り抜けてお隣のレセプション会場

この写真、まさに私が思い描いてたセッティング通り。チェアもテーブルセッティングも自分たちでイメージして当日の朝にお友達にお願いしたんだけど、この真ん中にお花が飾られてイメージ通りのセッティングができました。そしてここでも壁のサンドブリックがいい味だしてくれたっ。当日の朝は実はテーブルセッティングを確認する時間もタイミングもなかったから(当たり前か)、この写真で見たのが初めてー。

テーブル小物
▲①ボンボネアー(ゲストが自由に持って帰っていいギフト)の扇子 ②個人個人のメニュー ③tmk手作りのプレイスカード ④ピンクの扇子も

扇子とチェアボウ
▲最後まで悩んだテーマカラー

歳を取るごとに優柔不断になっていく私は、結婚式を一つにまとめるために非常に重要なテーマカラーを最後までウダウダ悩んでました。最初はシャンペンゴールド×サーモンピンクがテーマのはずだったのに、色々段取りを整えていくうちに、ベージュ×ピンクに変わってました(苦笑)でもこれってほぼ全ての手配を自分たちで行わなければいけないこちらの結婚式では、揃えられる材料にも限られてくるから仕方ない!結果、当初のイメージより素敵になったと自己満足してるし❤


同日 朝 自宅

元旦という厳しい日程にも関わらず、友達と会場スタッフの協力で会場セッティングが着々と進んでいたその頃、花嫁は一世一代のこの日になんとか少しでも美しく見えたいと、シドニー歴20年以上の日本人ヘアメイクアップアーティストYasukoさんに自宅に出張頂きました。

ヘアメイク中
▲ヘアメイク中

「小顔でほっそり、鼻は高く、

目はぱっちりだけど子供っぽくならず、

全体の雰囲気は大人っぽくモードに、

フェイスラインもすっきりさせてください。

と、事前打ち合わせで見せていた梨花さんの写真を手に、注文確認♡





結婚式、3年後くらいに延ばそうか?



プロによるメイク=「整形手術並みの効果」はさすがに出ないので、持ってるもので我慢。

▼会場へ向かう前に自宅前で
自宅前にて時間は十分余裕を見てヘアメイクをお願いしたつもりが、ドレスに着替える時間を入れたら結構ギリギリで、リムジンが自宅前に到着!最終確認をして慌てて家を出て、でも写真は忘れずにね。リムジンは少しくらい待たせても大丈夫です。















▼ブライズメイドをしてくれた妹と
akaneと当日彼女にはお化粧直しや何やらで本当にお世話になった。ありがとう。

リムジンで移動中



















▲自宅から会場まで移動

ポタ夫のいとこ夫妻が、結婚祝いにこのリムジンを借りてくれました。おかげで日本から来た家族も友人も、もちろん私も、貴重な経験が出来ました~♪

ちなみにね、私、日本っぽくスピーチをしたんだけど、直前まで忙しくてこのスピーチを考える時間が全然取れなくて、前日の深夜に書いた短いスピーチを訳して、移動中に小声で最初で最後の練習しました・・・(汗)

予想通り、元日の道路は混んでおらず、到着予定より早めに会場付近へ近付いたので、ドライバーさんにお願いして、写真の撮れそうな場所までそのままドライブ。

▼ブライズメイドの妹と友人と
ブライズメイドとリムジンリムジン全体を写真に収めようとすると、どうしても遠ざかってボタンを押さないと全体が収まらなかったなー。




















▼家族とも記念に
家族とリムジン本当は写真を撮りたいスポットがあったんだけど、遠すぎて断念。

親族・友人と



















▲はるばるやって来てくれた伯父・伯母、妹夫婦、米国時代の友人も一緒に☆


同日 セレモニー開始15分前 会場

そんなこんなで、みんなでワイワイ写真を撮っている頃、先に会場入りしていたポタ夫はと言いますと、、、

ド緊張
緊張のポタ夫私よりもはるかに緊張していた彼。大抵のカップルは「新郎の方が緊張してた。」って言うけど、ウチも同じく。

さて、会場周辺で写真も十分撮ったし時間もちょうどいいタイミングになったので、緊張する新郎の待つ会場へ向かいますか。

ウェルカムボード













▲会場が用意してくれたウェルカムボード

会場到着
▲会場到着

▼なぜか爆笑しながら登場のブライド
ブライド登場もっと澄ました顔で撮って欲しかった。

メイク直し



















▲外の写真撮影で乱れた髪と顔をお直し

会場裏
▲会場裏側

会場マネージャーに挨拶
▲当日の会場マネージャーがお出迎え

彼に挨拶をして、ポタ夫と鉢合わせにならないように裏口から待合室へ向かいます。こちらでは新郎新婦は式の前日から式開始まで一切顔を合わせませんし、花嫁のドレス姿も当日まで絶対見ません。日本ではよくある、と言うか当たり前の花嫁と花婿が一緒にドレス選び!なんて、こちらの習慣では言語道断。

入り口へ
Wolfiesというレストランが会場

さてさてセレモニーまであと15分足らず。この後ドキドキしながら待合室で出番を待ちますが、その様子はまた後ほど。

すでに超ロングレポートですが、結婚式②-会場到着後~セレモニー直前-に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!

改めて♪
本当にきれい!
そしてきれいに晴れた日でしたね。
良いお天気でよかったなぁ^^と思ったのを思いだしましたー。

読んでいてびっくりしたことがいっぱいだったので
月曜を待ち切れずコメント!!

メイクのYaukoさん!!
私のヘアメイクをしてくれた友人の師匠です!
Yasukoさんにお勧めされたネイルサロンに行って
ブライダルネイルしたんだよーーー。

で、ボンボネアー。
うちも本物ではないんだけれど
千代紙でおった扇子にしたの!笑
レセプションは前に話したようにROCKSだったので
フォトも同じ場所で撮ってるかも??だね^^

Re: おめでとうございます!

☆やみんちゃん
わーおっ!まじですかっ!?なんて奇遇!
Yasukoさん、メイクレッスンもされてるもんねー。
お友達ももしかしたらそれで勉強されたのかな・・・

絶対似たような景色で撮った写真あるよね(笑)
それにしてもボンボネアーの扇子まで。ぷぷっ(。・w・。)

やばいっ。月曜日が楽しみ過ぎる。
プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: