『ABOUT TIME』

ABOUT-TIME_NZ_A4_v1.jpg原題:ABOUT TIME (2013)
邦題:ABOUT TIME

★★★:『ノッティングヒルの恋人』、『ブリジット・ジョーンズの日記』、『ラブ・アクチュアリー 』のリチャード・カーティス氏の監督・脚本作品!もう絶対今回も心をほっこりしてくれるに違いない!ってワクワクルンルンで観に行ったら、今回も裏切らないよね~ぇ。笑いあり、涙あり、最後には普段の何てことない生活がいかにスペシャルな毎日であるかをしみじみと再確認さえてくれるストーリーでした。イギリスの街並みやインテリアがたくさん出てくるのもツボ。久々の映画デート、さいっこーにハッピーな気分で映画館を後にしました。文句なしの×3つ!


この映画、もし「英語がある程度わかる」とか「今、英語の勉強してます!」って方にはぜひ字幕なしで観ていただきたい。内容も全然難しくないし、英語も難しくないから。その方が絶対英語のキャッチボールとかユーモアとかニュアンスがダイレクトに入ってくる。まずは日本の映画館で字幕付きで観て、DVDが発売になったらお家で字幕なしで!っていうのもいいかも。(tmk的には、どういう風に和訳をしてあるのか気になって気になって仕方がないところ)

主人公のカップルがイギリス人×アメリカ人カップルの設定なので、二人の発音の違いを聞き比べするのもたまりませんでした。以前はすごーく聞きにくかったイギリス英語がスラーッと入ってきたのは進歩だ。オーストラリア英語はもちろん、イギリス英語、アメリカ英語、何ならインド英語(クリケットの中継等w)まで耳に入ってくる環境のおかげですね^^

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: