スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barossa Valley

Barossa and Whispering wall▲バロッサの途中『囁きの壁』に立ち寄り一同感動

前々から触れていましたが今月始めからポタ夫の両親がシドニーからアデレードに遊びに来ており、ポタ夫父のレイ、その現奥さんヘレンが10日間、ポタ夫母のジュディが途中4日間、うちに滞在。

㊟元妻と現妻が仲良く一つ屋根の下で暮らせるのは、オーストラリアだからではありません。日本ではありえないようにこちらオーストラリア人でも驚きます。2人が特別なのです。おかげで私は変な気を回すことなく何の気遣いもなく過ごせます。

毎年海外旅行や海外クルーズに行くレイ&ヘレンなのに、なんと南オーストラリア州は初上陸とのこと。(ジュディもそうだったのかしら・・?)初のアデレード、気持ちよく過ごしてもらおうとtmkも気合い入れて準備しましたよ。と言ってもゲストルームのベッドを整えて、普段使用しているシャワールームから寝室続きのシャワーに諸々を移動して使えるようにして(普段使いのシャワー室&洗面所をゲスト用に整えたため)、普段と変わらないお掃除とお料理をしたくらいか((^┰^))ゞ テヘヘ

それでは滞在中の様子を巻戻しながら一部のみを早送りでお届けします。お時間ある方はお付き合いくださいませ。

・・・

レイ&ヘレン到着の翌日にジュディも到着。南オーストラリア州と言えば『バロッサ・バレー(Barossa Valley)』を外すわけにはいかない!ということで、車で一時間強、ワイン大好きなみんなでバロッサまでワインテイスティングに行ってきました。

とその前にね、バロッサに行く途中の『囁きの壁(Whispering wall)』という観光名所にも立ち寄り。ここは巨大なダムなんだけどれど、ダムのカーブのせいでカーブの一番端にいる人の声がダムのこちら側にいる人までまるで隣同士に並んでいるかのように聞こえる壁なの。ものすごい大きな壁なのにはっきりきれいに聞こえるもんだから、小声で相手の声を呼んだり"Can you here me?(聞こえる?)"をみんなでしつこいくらいに連発してはしゃぎ、そして感動。

Barrossa.jpg▲道に迷ったので近くのワイナリーへ

一通り感動したらトイレ休憩も済まし、目的地バロッサへ。目的のワイナリーが3か所ほどあったのですが途中迷ったので近くのワイナリーへ。思いがけず美味しいワインと出会いこれはこれでよし!

ワイナリー3,4か所でテイスティング巡りしたら小腹が空いたのでランチタイム。(今気付いたけど思ったより写真がないのねー。テイスティングに夢中になってたかしら。)

ランチはね、いつも混んでるというMaggie Beerというセレブ料理人のお店に立ち寄ったんだけど、最悪だったよねー。高級なレストランをイメージして行ったら全く違いました。ご飯系はバスケットランチみたいなメニューしかなくてバスケットにパン、パテ、サラダ少し、りんごみたいなのが入れてあるだけのもの。ジャムとかパテとか瓶詰商品を扱ってるお店みたいだったけどもっときちんとしたレストランに行きたかったわー。きっとみんな同じ感想で帰ってきたはず。だって誰一人「美味しい!」って言わなかったもの(苦笑)こちらのレストラン、全然おすすめしません!

私ね、お腹がすくと基本不機嫌になるのね。その上まずいご飯出されるとイライラバロメーター振り切りそうになるわけですよ。大人ですから振り切りませんけどね。よって写真も何もありません。悪しからず。

・・・

Potao bd▲帰宅後はお家でゆっくりディナー

帰宅して下準備しておいたハンバーグでディナー。義両親滞在中はお料理の写真をカシャカシャ撮るのも気味が悪いかと思いほとんど撮っていないためお料理の写真がありませんが、この日は前菜にえびとズッキーニのソテーカレー風味クリームソース添え、メインにハンバーグ、サイドがポテトグラタン、にんじんのグラッセ、茹でブロッコリー。

イライラバロメーターもこの頃にはすっかり落ち着き、バロッサの各ワイナリーから購入してきた美味しいシャンパンとワインでまったりとしたひとときを過ごしたのでした。

義両親滞在記は次回へ続く・・・。

ご訪問ありがとうございます。
↓↓↓お帰りの前にぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。