スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆腐豚バーグの和風餡かけソース

豆腐豚バーグ▲野菜たっぷり餡がお肉に合うー!

美味しい和風ハンバーグが食べたくなり思いつきで適当に作った豚バーグとソースがとても美味しく、ポタ夫にも大ヒット。

豚ひき肉とお豆腐は1対1の割合でとてもヘルシー。それから普段のハンバーグは玉ねぎのみじん切りのみを入れることが多いけど、今回は人参のみじん切りも足してより栄養価アップ!

オーストラリアのお肉は日本のそれと違って脂肪が少なく赤身が多いからパサつくのがハンバーグ作りの難点だったんだけど、日本で作る感覚よりも水分多めでタネを捏ねるようにしてからはその悩みも解決。今回のようにお豆腐を混ぜる時は、わざと水切りをしっかりせずに若干豆腐の水分を残してお肉と捏ねる。パン粉を浸す牛乳(または豆乳)も多め。そうすると捏ねてる間にしっかりねっとりしてくるし、焼き上がりもふんわりジュ~スィ~♪

和風ソースにしようと思ったけど、とろ~り餡かけで食べたくなった!お野菜の餡が豚バーグに絡まって間違いない美味しさ!!!

その他メニューは、ポテトサラダ、茹でブロッコリー、大根の旨煮、青梗菜と卵のお吸い物、ご飯(後ろ3つは写真なし)。

同じタネでミニバーグも作ってお弁当用に冷凍保存。これで来週の私に少し楽をさせてあげられるわ♪

ご訪問ありがとうございます。
↓↓↓お帰りの前にぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。