スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステーキ食べ比べディナー

steak.jpg▲週末ディナー

平日はヘルシー且つ栄養価抜群のお鍋にはまっているポッツ家ですが、週末はやっぱり美味しいものが食べたい。しかもここ最近気温が下がって過ごしやすくなっているからなおさら食欲が増えて仕方ない(泣)日本帰国前で本当は我慢しないといけないところなのに!

そんな週末のご飯は、がっつりステーキ。また。

前回作った玉ねぎのひと手間で柔らかくしたステーキが大変気に入ったらしく、ポタ夫からの強いリクエスト。しかもね、安い部位とフィレを買っておいたので二種類食べ比べときた。やっぱりフィレが最高ね。今回ソースは和風ソース&わさびをお好みで付けながらいただきました。

付け合せはカリフラワーと赤ピーマンの甘酢漬け、茶碗蒸し(茶碗蒸しはお品書きに入れるの忘れちゃった)。カリフラワーの甘酢漬け、甘酸っぱくてステーキに合うー!茶碗蒸しもぷるぷる&優しい出汁の味がたまりませんな。

鶏胸肉をフープロでミンチにし、豆腐と混ぜて白菜で巻いて出汁でトロトロに煮た白菜ロールも少し(これは本当は明日のランチ行きだけど)。

あとは青梗菜としいたけのお吸い物と玄米ご飯。



食べ過ぎた。



でもね、ポタ夫にステーキ半分くらい上げたのよ・・・。

それにね、オージービーフのステーキは赤身が多いからちょっと食べ過ぎたかなと思ってもやっぱりどっかりこないのよ・・・。

と、自分自信を慰め中。



明日のジムは普段にも増してがんばらねば・・・(-_-;)

・・・

日本で「ステーキ」と言うとごちそうのカテゴリーですし、実際お値段も張りますよね。でもこちらオーストラリアではステーキも他のお肉もあまり変わらないかな~というのが私がこちらに住んでの印象です。お値段的にも存在価値的にもね。

まずお値段に関しては、ただでさえ色んな物の物価が高いオーストラリアなので、価格が高いのはステーキだけではなく他のお肉を見ても「高いわー。」と溜息。

存在価値については、何かにつけてバーベキューをし、何かにつけてステーキを焼くオージーの日常生活においては、特に“ステーキは特別な日か外食の時だけ!”という感覚は日本より薄い気がします。

ご訪問ありがとうございます。
↓↓↓オーストラリア情報満載のブログはこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。