スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tour Down Under

Tour DU topビュンッ=3=3=3

ピンボケ過ぎてで何が何やらわからないトップ画像ですが、少しはスピード感が伝わるかしら?

そうです。延び延びになっていたTour Down Underの記事のアップです。

先週と先々週に渡って行われたバイクレースを二週とも観戦してきました。と言っても二週目は開始30分だけ観て帰って来たのであまり写真がありませんが、一週目からの写真多めの記事で振り返ってみますー。

IMG_3658.jpg▲TV中継

試合前からTVクルーたちは中継。

IMG_3660.jpg▲群がるオーディエンスたち

歩行者天国になったランドル通り(Rundle St.)は観戦に来た人でいっぱい。

IMG_3664 aj▲真っ青な上空にはTV中継のヘリ

IMG_3662.jpg▲ウォームアップ中

ゲート近くでスタンバイしていると選手たちの姿がちらほら見え始めました。この時はゆる~いスピードでキャメラマンtmkも余裕。

IMG_3676.jpg▲スタート直前

IMG_3679.jpg▲先導車出発

IMG_3711.jpg▲白バイもスタート

IMG_3680 aj▲選手たち一斉にスタート!

IMG_3688 aj▲近っ!

周を重ねるごとにスピードも増し、手を出してポーンと一人押せば選手全員がばたばたばたーとドミノ倒し式に倒れ大事故になるであろう距離感での応援。途中危なくて自分の身を縮めました。

スピード感ありすぎて気付いたら一時間経過。

IMG_3726.jpg▲ゴールする選手たちを待つ報道カメラマンたち

いつの間にか最終周を回り、一位の選手がゴールです。ちなみにゴールはプロのカメラマンで混雑していて私はゴールする選手たちを撮り忘れ。

IMG_3730.jpg▲路上の巨大スクリーン

IMG_3731.jpg▲お酒を片手にパブから応援

IMG_3732.jpg▲歩行者天国になったランドル通り(Rundle St.)

IMG_3733.jpg▲ランドル通りに並ぶお店

試合後はパブに入って喉を潤す。この辺は今まで来たことなかったのですが、なかなか小洒落た雰囲気でカフェやらお洋服屋さんなんかもたくさん並んでました。次は食事に来よ♪

・・・

さてここからは二週目ですが、特に載せるべき写真もありません。ただあまりにもお天気がよかったのでおまけ。

IMG_3780.jpg▲外出にはパーフェクトなお天気

IMG_3781.jpg▲試合コース周辺の公園で腹ごしらえ

試合前に公園で持参したお弁当を。外で食べるご飯って本当に美味しい。それにしてもみなさん、お弁当どころかテントはって、折り畳み式のテーブルとイス入れて、チーズ切って、ワイン開けて、ビーチボール楽しんで。ものすごい準備万端でした。ポッツ家も来年はこれだな。

それとさ、上の写真の男の子、芝生の上をごろごろごろ~ってすごく楽しそうに転がってた。私も一緒にやりたい衝動に駆られましたが来月33歳なのでぐっと堪えました。

IMG_3794.jpg▲スタート!

最後は大名行列で締めくくりましょう。

IMG_3790.jpg▲ずらー

そうそう。両レースとも日本人の選手がいらしたので

「がんばれー!」

と黄色い声援を何度も飛ばしておきました。

ただ、スピードが上がるともうその選手がどこを走っているのか私の目で発見することは不可能だったので、日本語の全くわからない選手に向かって連呼している可能性大ですが、ま、私が楽しかったのでそれはそれでいいことにします。

ご訪問ありがとうございます。
↓↓↓オーストラリア情報やアデレード情報ブログはこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。
早速遊びに来ました。
ランドルStにある、Sostaっていうアルジェンティーナ料理のレストランがお勧めです♡
あと、インディアン料理もお勧めー♪

友達のだんなさんはこの自転車レースで転んで骨折&入院中らしいです。
自転車もスピードでてると危険ですよねー。

Re: No title

+mikaさん+
早速ありがとうございますー。
そのアルゼンチン料理のお店、この前行った時に見た気がするー!
アルゼンチン料理ずっと行きたかったからいい情報いただきましたっ。
来月の誕生日に旦那に連れて行ってもらお(笑)
インディアンも好きだから行ってみるねー。

いやー、ほんと自転車侮れない。
ライダーも危ないけど歩行者も要注意だね。

それにしてもお友達の旦那さま、お気の毒に・・。
早く復活されますように☆
プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。