Melbourne Cup 2011

Melbourne Cup 2011
▲今年のメルボルンカップ(画像はメルボルンカップオフィシャルサイトからお借りしました)

「今さらっ!?」

と思われた方、なかなかのオーストラリア通です( ≧▽≦)b!!

そうです、今さらこの記事です。


目覚ましよりも30分早く目が覚め、突然「メルボルンカップについて書いておこう!」という気分になったのです(う~ん、不思議。)

「今さら!?」なんて言わずにオーストラリアのカルチャー紹介にしばしお付き合いくださいね❤



「Melbourne Cup(メルボルンカップ)」とは、“毎年11月の第1火曜日にオーストラリア・メルボルンのフレミントン競馬場の芝3200メートルで行われる競馬の競走”(Wikipediaより引用)でございます。

今年は11月1日が第一火曜日に当たり、直前の数日間もメルボルンをはじめ各都市でイベントが行われていたようです。私も初めての経験だったのですが、メインのレースが始まる時間帯には、まずほとんどの会社やお店がクローズ。もしかしたら会社は一時停止状態なだけかもしれませんが、ビジネス街のメインストリートが閑散とする時間帯みたい。近所でも、「今日は2時で閉店です!メルボルンカップ、楽しもうね!」なんて張り紙をドアに張り付けて、早々と店じまいしているお店が多々ありました。

ポタ夫の職場でも火曜の午後からレース観戦&パーティーだったらしく、前日から準備が進められていたみたい。しかも現在トレーニング中の彼は、準備の取り仕切りを任せられていたらしく、「明日はとりあえず馬のお面をラミネートで作らなきゃ!」って直前の日曜日から張り切ってたわよ・・・いいのか、それで!?

レース以外のもう一つの楽しみが当日のファッション(女性にとってはむしろこちらがメイン?)。女性陣も男性陣も正装、いやいや、女性陣はかなりドレスアップしてレースを見るためにお友達と集まったり、スポーツバーやクラブにお出掛け。メルボルンのフレミントンにはものすごーーく気合いの入ったレィディーズもわんさか。

▼女性陣は顔より大きいヘッドドレスが必須!(画像はGold Cost Newsから拝借)
Ladies
こういうところに英国の文化を山盛り垣間見ますな~。それにしてもオーストラリア女性、美しいわ(*˘▿˘✽)(この3人がオーストラリア人かは不明だけどー。)



そしてイベントにはこんなセレブもやって来ました。ファッションのアイコン的存在、サラ・J・パーカー。


余談ですが、セレブと言えば、このメルボルンカップ前後から先週末くらいまでオーストラリアには世界のセレブがやって来ていました。クイーン(エリザベス女王)の訪豪があったり、つい先日までオバマ大統領も来ていました。そして今は、オレ様、、、じゃなくて、レオ様が映画の撮影中らしいわよっ!!!

・・・・・。




(*`ロ´ノ)ノ

どうしよーーーっ!オサレなカフェで遭遇したらっ。



・・・。


って、先週末の日本映画祭の舞台挨拶で竹野内豊さまがシドニー入りしてた時も

Tim Tum買ってて遭遇したらどうしよーーーっ!

ってドキドキして一切出くわさなかったんだった。テヘッ(*-∀-)ゞ


それでは最後になりましたが、今年のメルボルンカップで史上最近差で勝利を収めたドゥナデンの雄姿をご覧あれ!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: