Mt. Lofty

Mt. Lofty1▲今の季節お花が満開

もう先々週末のことですが、自宅から車で30分のところにマウント・ロフティー(Mt. Lofty)という山があります。登山コースも作られていて、ポタ夫が行ってみたいというので私もノリノリで朝からお弁当をこしらえてレッツゴー!

実際に歩くのはWaterfall Gully(ウォーターフォール・ガリー)」というハイキングコース。

▼常に前を歩いていたポタ夫
歩くポタ夫ポタ夫のペースに合わせると私は走らないといけないので、最初の一歩から最後までガンとして自分のペースを保ったtmk。手を繋ごうとするポタ夫の手を振り切ったよね(笑)かわいそうなポタ夫。

ユーカリの木々













▲どこもかしこもユーカリの木

コアラがいるかなーってしばらく上とか遠くとかばっかり見て歩いてたけど、さすがにこんな真昼間には人間の視界に入る場所にはいないと諦める。

▼狭い山道
狭い山道写真だと全然わからないけど、この道すごく狭くて、しかもここ、右横は下が崖。慎重に歩けば問題ないけど、おふざけ厳禁!な山道です。

山々















▲向かいの眺め

山としては低い山だけど、上の方に行くと向かいは崖。

シティ方面を眺めて▲山からアデレード市内方向を眺めて

tmk and sign▲ロング・リッジ展望台到着

展望台で風にビュービュー吹かれながらお弁当ですー。

マウント・ロフティー色々▲外で食べるお弁当さいこー☆

卵焼きは若干焦げちゃっててお弁当の彩が良くないけど、自然に囲まれて食べるご飯は本当に美味しかった。私はあまり自然が好きじゃない方だけど、たまーーーにはこういうお出掛けも悪くないね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: