スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポタ子の新しいビブ

bibs_201608231212307fa.jpg▲リバーシブルビブ3種

みなさま、おはようございます!ここ最近には珍しく2日連続で更新。

先日アメリカからこんなにかわいいリバーシブルビブを注文しまして。Billy Bibsというハンドメイドブランド。日本ではMarl Marlが流行ってるみたいですが、私は流行り出す前に偶然見つけて数種類購入済みだったので、今回はこちらのハンドメイドビブを取り寄せました。

3つしか購入していないのに6種類もパターンがあってお得~。その上包装もとてもかわいくて、小さなポプリ袋なんか入ってて作り手さんのセンスや愛情をすごく感じられるお店。女の子だけじゃなくて男の子用の商品も取り扱いありなので、興味のある方はぜひcheck that out!

▼生後3ヶ月の時
potako_20160823121232e6c.jpgそしてポタ子本人もすくすく成長しております。

今月で4ヶ月になりますが、写真は先月のもの。4ヶ月になってなんだかますます赤ちゃんの階段を上っていて、声は大きくなるし、手足の力は強くなるし、寝返りしそうになるしでますます目が離せません(-_-;)

来月には離乳食も始めようと思っているので、母、ドキドキよ。








ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


スポンサーサイト

『@Restaurant』 in Crows Nest

crowsnest.jpg▲Crows Nestの広場

あぁ、またまた1ヶ月近くも放置してしまいました・・。みなさま、お久しぶりです。tmkです。覚えてくれてるぅ?

先々週からシドニーに帰省しておりました。事情が事情だっただけに観光はゼロだったのですが、シドニー在住のお友達に教えてもらったCrows Nestの『@Restaurant』でお寿司を堪能。

Sushi_201608230939312e6.jpg▲Sushi Lunch $20.00

久しぶりに食べる本格お寿司にほっぺた落ちました。前菜の冷奴とサラダが付いている上に(この冷奴のタレとサラダのドレッシングがもう絶対手作りですよねってわかる美味しさ!)、お味噌汁は赤or白を選べ、デザートも4種類(抹茶アイスクリーム、黒ごまのアイスクリーム、マスカルポーネチーズのムース、とあと1つは忘れた)から1つ選び、その上手巻き寿司もメインの他に付いてきて、この手巻き寿司も数種類の具から選んで20ドルとはかなりのお得感。しかもどれもやっつけ仕事ではなくて、手の込んだものばっかり。

私たちはお寿司ランチにしたけど、他にもランチメニューはチキン南蛮定食やら焼き魚定食やら色々ありました。次のシドニー帰省もここはリピ!ちなみに人気店で店舗のサイズはそんなに大きくないのでランチタイムでも予約した方が確実。私たちは予約してなかったけど1時半前だったので入れました。

ただ、一つ頂けなかった点が。店員さんがなんとも愛想ない!!ホールに女性2名、お寿司を握ってらっしゃった大将1名、全員日本人でらっしゃいまいしたが、まー無愛想なこと。まあ大将は仕方ないとしても、ホールの女性陣、なんとかからないものでしょうか。お料理が美味しいだけなおさらもったいない!そのうち1名はワーホリの子かな?という感じだったので仕方ないのかもしれませんね。

At Restaurant
Address: 417 Pacific Hwy, Sydney NSW 2065
Phone: (02) 9437 5285
火・水 18.00-21.30
木~土 12.00-14.30, 18.00-21.30
日 12.00-14.30, 17.30-21.00
月 休

・・・

cafe_201608230939332fa.jpg▲近所にあったペイストリー屋さん

空席ができるまで近所をふらふらしてまして、こんなに素敵でフレンチなペイストリー屋さんが。店内に入るとものすごく美味しそうなクロワッサンやフルーツタルトがずらーり。ランチを食べてからデザートに戻って来ようと思ったんだけど、お腹一杯だったしポタ子もいたので次回に持ち越し!てことで感想も何もありませんが、忘備録として写真載せ。

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。