スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cape Jervis(ケープ・ジャービス)

cape jervis▲車窓から

DAY2

翌日は近所のカフェでブランチを取り、アデレードへ戻る前に次の目的地へ!

breakfast_20131230151531e2d.jpg▲エステ後にスッピンでごめんあさーせ

エステ後だったので、眉毛も描いていない顔でさーせん。久しぶりのbig brekky(朝食のbreakfastを英・豪俗語で"brekky"と呼びます)。

せっかくだからと、ビクター・ハーバーからケープ・ジャービスという岬へ立ち寄りました。カンガルー島へのフェリーが出ています。

ship.jpg▲カンガルー島行きのフェリー

向こうに見えるカンガルー島へ行くフェリーにたくさんの人が乗り込んでいました。いつか私たちもこれに乗って行けるかしら。

cape jervis2▲今度はカンガルー島から帰ってくるフェリーも

遊んでいるとこちらに向かってフェリーが帰って来ます。

cape jervis3▲我慢できず水に近付くポタ夫

海に触りたくなったらしく、石がごつごつしたところを一人降りて行きました。

この辺は特に何があったわけではなかったけど、海と空が繋がってしまいそうな絶景を目の前に、「あー、私たちは地球の表面に生きているんだなーぁ!」と初めて抱く感覚を覚えました。オーストラリアの大自然は世界の財産ですね!

とっても素敵なクリスマスプレゼント、ありがとう、ポタ夫。

来年もよろしく。

関連記事
「Victor Harbor(ビクター・ハーバー)」

・・・

city.jpg▲久々のシティ

今年も残りあと1.5日。朝からオーストラリアンブルーの快晴!今朝、シティのセントラルマーケットに初めて平日の朝行ってみた。時期も時期なので少なくて良かったわー。パーキングもそれ程混んでいない。

リトルトーキョーで「おせちどうしよう?」と独り言を言っているとポタ夫が「雑煮ガ 食ベタイ。」と一言。ならばお餅を購入して今年はお雑煮作りますかーぁ?悔しいけどおせちは無理かな~ぁ。

セントラルマーケットで美味しそうなソーセージとバンズも購入して帰宅したらまたBBQとサラダ。だってポタ夫がやってくれるし楽なんですもの。

食後は室内用スリッパを新しいものと交換し、大掃除ならぬ中掃除も終わらせて気分爽快。少し休憩したら、んー、あと普段お掃除できていない箇所はどこだー!?

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


スポンサーサイト

Victor Harbor(ビクター・ハーバー)

IMG_7040.jpg▲お馬さんのトラム

今年のポタ夫からのクリスマスプレゼントは、前から行きたかったVictor Harbor(ビクター・ハーバー)への小旅行でした。いつも通り旅行記残します。

DAY1

ビクター・ハーバーは、アデレード市内から車で約一時間半のエンカウンター・ベイという湾に面した港町で、周辺にはたくさんのビーチがあるみたい。

railway.jpg▲旅行日和♪

トップ画像のお馬さんのトラムも名物の一つなんだけど、昔乗馬を習っていたほど馬が大好きな私は、見ているだけでなんだかかわいそうになって100%楽しめなかったな・・。ま、そう言いながら記念に乗りましたけどねw

trams.jpg▲向こう側からお馬さん到着

この線路をトラムが渡るのに30分かかるのですが、私たちは行きは自分たちの足で歩いて橋を渡り、帰りに乗って帰ることに。

vh2.jpg▲風が吹くと寒いくらい

橋の上を歩きながら見る海の絶景には感動の嵐。エイが泳いでるの、橋の上から生で見つけちゃった!

IMG_7038.jpg▲お馬さん、がんばれー!

レールが敷いてあるので電車は見た目よりもスイスイ流れます。それでもゆっくりゆっくり時速10kmの速度で引っ張ってくれます。私は先回りしてこちら側から激写。

IMG_7046.jpg▲お疲れ!

ゴールはもう目の前です。こうやって毎日私たち旅行者を楽しませてくれているのねーぇ。この子の他にももう一頭いて、1日3時間ずつ交代制ということでした。

vh3.jpg▲ビクター・ハーバーのメイン通り

お馬のトラムを楽しんだら、ホテルチェックインの時間まで近所を散策してホテルへ。ローカルのフルーツ屋さん、安くて美味しそう!おつまみにこちらでチーズを購入。

IMG_7117.jpg▲ゴルフ施設併設の宿泊施設

ホテル到着。今回予約したのは『McCracken Country Club』というゴルフクラブ。特にラグジュアリー感があるわけではなかったけど、清潔でサービスもよく大満足でした。

hotel2.jpg▲バルコニーで軽く一杯

チェックインしたら途中ローカルのマーケットに立ち寄って購入したチーズと赤ワインで乾杯。ゴルファーのみなさん、熱心に打ちっ放しの練習中。コースを回ってる方もいらっしゃいました。

hotel.jpg▲いつか両親と

そして今回の滞在のハイライトは、ジャグジーのお風呂とホテル内スパでのフェイシャルエステ。今まででトップ3に入る上手さでした!手先の器用さはアジア人に敵うわけがない、と今までバイアスかかっててすびばてーん!

ゴルフ大好きな日本の両親が遊びに来た際は、ぜったいここに連れて来ようとポタ夫と意見一致。

VH1.jpg▲癒されました

自然に囲まれてとってもリラックス。癒されました。ポタ夫、ありがとよーxoxo

少し長くなったので翌日の写真は別記事で。

関連記事
「Cape Jervis(ケープ・ジャービス)」

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


Mさんご夫妻とBBQランチ

IMG_7250.jpg▲一人働くM氏

昨日はお友達ご夫妻と一緒にBBQランチ。元々はtmkのお友達で歌のレッスンにも誘ってくれたのがマッサージセラピストのMさん。ポタ夫が彼女のご主人Mさんともっと絡みたいというリクエストからBBQにお誘い。

なのに様子を見に行くと、BBQは途中からMさんだけに任せ、自分はのん気にお喋りしながらワインを堪能しているだけのポタ夫を発見Σ(- -ノ) Mさん、す、すみませんでした・・・。

IMG_7251.jpg▲いただきまーす!

Mさんが漬け込んできてくれたポークリブ、ソーセージ、炊飯器で作ったえびピラフ、ソーセージを挟んでサンドイッチしたい人用のバンズなどなど、大きなダイニングテーブルを食べ物が埋め尽くしました。

お昼から集まってあっと言う間に6時過ぎっ!お喋りも食事も、Mさんからはちょっと面白い体験もさせてもらってとっても楽しい一日でした♪

さて、今年もあと残すところ今日を入れて3日。今年の記事は今年のうちに全てアップしておきたいのだけど、果たしてできるかしら~ぁ・・=3

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


『Singapore House』

IMG_6924_20131229120458537.jpg▲エレガントとエキゾチックがミックスされた店内

新年を迎えてしまう前に、先日の女子忘年会で行ったレストランを一つご紹介。Sさんに予約を入れてもらった『Singapore House』というアジアン料理のレストラン。

店内はとってもスタイリッシュでお洒落な雰囲気です。私たちはランチ忘年会でしたが、ディナーで行っても雰囲気良さそう!

IMG_6925_20131229120501151.jpg▲私のオーダーはソフトシェルと麺

私はランチメニューからソフトシェルとヌードルを注文。写真をバシャバシャ撮れるような雰囲気ではなかったのでこの日集まったメンバーの写真がないのが残念ですが、今年最後の会合もとっても楽しいひとときでした!次はディナーに行ってみよ♪

Singapore House
Address: 203 Glen Osmond Rd, Frewville SA 5063
Phone:(08) 8379 4405

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


Quiet and Peaceful Christmas 2013

IMG_7219.jpg▲前菜だけでもリース風w

日本でクリスマスと言えば、♥カップルの大イベント♥で、クリスマス当日よりもイブに盛り上がるイメージ。一方、本場アメリカやオーストラリアの西洋文化では、クリスマス=家族で集まって過ごす年に一度のファミリー大イベントで、イブよりも25日が大事です。

そして街中のお店やレストランはほぼ閉まってしまうので、外食したり遊びに行くこともありません。最近では、シドニーやメルボルンのような大都市のお店はクリスマスでも開けているようですが、ここアデレードはまだまだ閉店のお店ばっかりで、シティもしーんとしています。

タイトルの"Quiet and Peaceful Christmas 2013"は、「静かで平和なクリスマス2013」の意。オーストラリアで過ごす真夏のクリスマスは今年で5回目でしたが(遠距離恋愛中の2009年と2010年を含む。ちなみに2010年は元旦にカメラを盗まれたのでクリスマス~お正月の写真が一切ありません。2011年は結婚式直前クリスマス&日本の家族とともに年越し、2012年はアデレードに引っ越した後だったけど、年末年始に車でシドニー里帰り)、初めてポタ夫と二人きりのクリスマスでした。

二人だと、、、


とっても静かw

11月の単身シドニー帰省中に義両親たちとプレゼント交換も済ませちゃったし、クリスマスツリーも今年のセールで来年のために購入する予定なので飾り付けをする必要もなく、何だか物足りないくらいよっ!

前々から来年2014年のクリスマスはシドニーに戻る予定にしていたのだけど、ポタ夫と二人、「やっぱりクリスマスは家族と過ごすのが一番いいね!」という結論に至り、来年は絶対帰る!と改めて心に誓ったわ。

前日まで不在にしていたこともありディナーも事前に計画&準備できず、当日の朝からバタバタと簡単なものを用意しただけの普段の料理に毛が生えた程度のメニュー。自分用に忘備録がてらアップです。

▼シュリンプカクテルを少しアレンジした前菜
Xmas dinner mix今年は全てのお料理を一斉にテーブルに並べるスタイルではなく、前菜→スープ→メイン→デザートの順で出してみました。

(そして一斉に並べた方が豪華に見えて見栄えがいいなということに気付きましたので、来年からはもうこのコースメニュースタイルではサーブしないでしょう)

トップ画像にもある前菜は、シュリンプカクテルを少しアレンジしたえびとアボカドのタルタル風。なんちゃってセルクルで二層にして型を抜きました。クックパッドさんにお世話になったレシピだけど、もうほんとに美味しくてびっくり。ポタ夫も相当気に入ったらしく、「コレ ファインダイニング。」と意味のわからない(いや、わかるんだけどね)セリフを頂戴しました。便利な世の中です。

soup.jpg▲スープ

スープはコーンポタージュ。早く使いたいコーンが余っていたという理由でコーンスープ。これまでのコーンスープで一番美味しく仕上がったのは、やはり芯も一緒に茹でたからかしら?

IMG_7225.jpg▲メイン

メインはローストビーフ。こちらもクックパッド様様で検索。ローストビーフって焼き加減が命。冷やして食べるけど中が生過ぎても食べられないし、焼き過ぎて硬くても美味しくない。正直トライアルもなしにぶっつけ本番で作ったので失敗してまさかのメインなしのクリスマスディナーになるかと冷や冷や((^┰^))ゞ テヘヘ

冷や汗もんでスライスしてみると、わー!ロゼ色だー!赤ワイン、お醤油、レモン、レモンジュース、玉ねぎ、しょうが&にんにくのマリネ液に一日漬け込んで冷やしてたから、味が染みて最高です。肉汁で作ったソースをかけて、さっぱりいただけます。結果、ポタ夫唸る。

デザートはケーキなんて作る余裕はないし、どうせ二人だど消費しきれないので簡単にいつものバナナカップケーキで済ませました(苦笑)いいのよ、ポタ夫の大好物なんだからっ。

朝からポタ夫とお互いにカードを交換し、あとは穏やかでゆっくりなクリスマスとなった2013年。これはこれでとってもピースフル&新鮮だったけど、この時期はやっぱり家族と集まってワイワイ忙しく動いて、心身ともに心地良い疲れに襲われてナンボなんだなーぁ。そんなことを痛感したクリスマスでした^^

・・・

▼合わせたワイン
IMG_7212.jpg【ワイン記録】DOWIE DOOLE
Cabernet Sauvignon(赤)/2012年/$N/A(デリバリー2回目より)
McLaren Valeの赤。これがすごーく美味しくて久々のヒット。お肉料理にぴったりでした!またMcLaren Valeに行く機会があれば、このワインセラーに寄ってみよ。









ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。