スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポタ夫のジャパ弁-10月後半-

IMG_6491.jpg▲ミニハンバーグと鮭のバジルソテー弁当

どういうわけかお弁当の写真が一枚足りませんが、10月後半もお弁当写真撮りました。弁当作りの研究は続きます・・。日々勉強なり・・・。

ポタ夫ジャパ弁▲見事揚げ物オンパレード

こうやって見ると、いや、作りながら途中から気付いてはいたんだけど、後半は見事揚げ物が続いたわね。でも間にはサンドイッチも入ってるし、金曜はお弁当なしの日だからそうでもないんだけどね。(←負け惜しみ)

①卵白消費にご協力を!えびのフリッター弁当(ソースは別容器)
②ステーキの残りで牛肉炒飯&チキンカツ弁当
③混ぜご飯&鶏の竜田揚げ弁当
④マッシュポテトでリメイクコロッケ(ソースは別容器)&豚肉とにんにくの芽の中華炒め弁当

来月は見た目だけでなくメニューにも気を使って(冷凍保存して作り置きの揚げ物に頼らない・・など)がんばりますーぅ┏| ̄^ ̄* |┛ガッツポーズ

関連記事
「ポタ夫のジャパ弁-10月前半-」

・・・

IMG_6525.jpg▲今日も快晴のアデレード

ここのところ素晴らしいお天気が続いているアデレードですが、先日「世界の住みやすい都市」に引き続き、「世界の訪れたい都市トップ10」にも選ばれたようですね。今回はオーストラリアからはアデレードだけ!

Lonely Planet’s Top 10 Cities 2014:

1. Paris, France (フランス、パリ)
2. Trinidad, Cuba (キューバ、トリニダード)
3. Cape Town, South Africa (南アフリカ、ケープタウン)
4. Riga, Latvia (ラトビア、リガ)
5. Zürich, Switzerland (スイス、チューリッヒ)
6. Shanghai, China (中国、上海)
7. Vancouver, Canada (カナダ、バンクーバー)
8. Chicago, USA (アメリカ、シカゴ)
9. Adelaide, Australia (オーストラリア、アデレード)
10. Auckland, New Zealand (ニュージーランド、オークランド)

日本の家族、お友達、早く遊びに来てくださーい!私もいつか全都市制覇したいわー。

australia.jpg▲ここです!

シドニーやゴールドコーストは聞くけどいまいちアデレードがどこかわからん!というそこのあなた、上地図をご参考まで。オーストラリアのしたーーーぁの方に位置しています。

▼市内には河も
Adelaide2.jpg小さな規模ですが素敵なシティです。

もう少しシドニーみたく日本食が入手しやすくなれば言うことないんだけどね!




ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


スポンサーサイト

鮭のたっぷり野菜あんかけと甘辛混ぜご飯など

IMG_6568.jpg▲ポタ夫も大好きな味

混ぜご飯の具をたっぷり作り置きしておきました。今夜はそれを使って混ぜご飯。甘辛で美味しいー!今回やっと納得のいく母の味付けに近付けたかな。前回はちょっと味が薄かったの。

IMG_6567.jpg▲お野菜たっぷりとろとろ

メインは鮭が食べたいというポタ夫のリクエストにお応えして、鮭のたっぷりお野菜あんかけ。彼、このあんかけは大丈夫だったようで唸ってました。ほっ=3

IMG_6569.jpg▲サイドは写真切れましたね

あとは白菜×玉ねぎ×もやしのお味噌汁、アスパラの黒ごま和え、オレンジ、桃。黒ごまペーストも作り置きしておいたのでささっと使えて便利です^^

ごちそうさま、私!

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


『ABOUT TIME』

ABOUT-TIME_NZ_A4_v1.jpg原題:ABOUT TIME (2013)
邦題:ABOUT TIME

★★★:『ノッティングヒルの恋人』、『ブリジット・ジョーンズの日記』、『ラブ・アクチュアリー 』のリチャード・カーティス氏の監督・脚本作品!もう絶対今回も心をほっこりしてくれるに違いない!ってワクワクルンルンで観に行ったら、今回も裏切らないよね~ぇ。笑いあり、涙あり、最後には普段の何てことない生活がいかにスペシャルな毎日であるかをしみじみと再確認さえてくれるストーリーでした。イギリスの街並みやインテリアがたくさん出てくるのもツボ。久々の映画デート、さいっこーにハッピーな気分で映画館を後にしました。文句なしの×3つ!


この映画、もし「英語がある程度わかる」とか「今、英語の勉強してます!」って方にはぜひ字幕なしで観ていただきたい。内容も全然難しくないし、英語も難しくないから。その方が絶対英語のキャッチボールとかユーモアとかニュアンスがダイレクトに入ってくる。まずは日本の映画館で字幕付きで観て、DVDが発売になったらお家で字幕なしで!っていうのもいいかも。(tmk的には、どういう風に和訳をしてあるのか気になって気になって仕方がないところ)

主人公のカップルがイギリス人×アメリカ人カップルの設定なので、二人の発音の違いを聞き比べするのもたまりませんでした。以前はすごーく聞きにくかったイギリス英語がスラーッと入ってきたのは進歩だ。オーストラリア英語はもちろん、イギリス英語、アメリカ英語、何ならインド英語(クリケットの中継等w)まで耳に入ってくる環境のおかげですね^^

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


5th Dating Anniversary at 『The Marquis』

Anv dinner out top▲tmk注文のフィレステーキ

先日10月24日は、ポタ夫とtmkが付き合って丸5年記念日でした。それを祝って先日はシティへアニバーサリーディナー。

aj anv dinner out▲お気に入りのクラッチ持って

妹に誕生日プレゼントでもらった夏っぽいクラッチを片手にルンルン♪

今回予約を入れたお店は、普段バーの方にはちょくちょく入っていた『The Marquis』というフレンチレストラン。

aniv dinner 1▲まだ外は明るい

ゆっくりしたディナーにしたかったので予約時間を6時にしました。外もまだ明るく、店内のお客さんも私たちと数カップルのみ。

お隣はワインバーだけあって棚にはワインがずらり並びます。お客さんは棚をうろうろ眺めながら好きなワインを選べます。その際にはワインのエキスパートである親切なスタッフが色々アドバイスをしてくれますよ。

aj dinner out2▲お食事

ポタ夫は前菜に生牡蠣、メインは鴨肉をオーダー。大人になってから生牡蠣アレルギーが出てしまったtmkはメインにフィレ肉ステーキ(私は初めてのレストランでは必ずと言っていいほどフィレステーキを注文してしまうな)、デザートにヘーゼルナッツガナッシュアイスクリーム添えを注文。賞を何個も受賞しているレストランだけあって、何を食べても美味しいです。

そして私たちがメインを食べ始める頃には店内は満席!照明も落とされてとっても素敵な雰囲気です。

tmk_20131028060930ecf.jpg▲丸顔のくせすまし顔してます

それにしてもあれから5年ですか。そんなに経った気はしないなーぁ。それよりも結婚から2年弱の方が長く感じるわ。

私の幸せな人生はあの日ポタ夫と出会って確実に幸せ度が増しました。それは5年後の今も変わらず、二人でこうやって過ごせる毎日にとっても感謝しています。

昨日も約束した通り、10年後も20年後も30年後も40年後もこうやって二人だけでデートしよう。

The Marquis
Address: 13 Gouger St, Adelaide SA 5000
Phone:(08) 7071 7700
日~土 7:00 am - 10:00 pm

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


おはぎ、いや、オーストラリアは春なのでぼたもちか?

IMG_6515.jpg▲おはぎのお裾分け

今朝市販のあんこでちょろっと簡単おはぎ作り。現在オーストラリアは初夏なのでぼたもちと呼んだ方が適切か?

IMG_6517.jpg▲歌の前に腹ごしらえ

今日はお昼からお歌のレッスン2回目。お腹一杯だと声が出ないので味見がてら1つだけ(何個食べるつもりですか?)緑茶と一緒に。おかげで今日は「2回目にしてがんばってるわねーぇ。」とみなさんからとても優しいお言葉をかけていただきました(T_T)

IMG_6523.jpg▲お裾分け分

日本人メンバーのお二人にもお裾分け。容器に和紙を包んだだけの簡単包装で少しだけおめかし。

ohagi.jpg▲ポテッとまん丸かわいいね

お彼岸には間に合わなかったけど、日本から持って来ている祖父祖母の眠る小さなお守りにもお供え。

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。