スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製どら焼き

どら焼き▲たまに食べたくなる和菓子

ポッツ家のドラえもん、じゃなくてポタ夫も大好きなどら焼き。お家でも簡単に作れてしかも美味しい和菓子です。今回はあんこにホイップクリームを少し足して挟みました。

緑茶を煎れて、んー、ほっこり美味しい。

レシピはね、栗原はるみ大先生のレシピです。他の大先生のレシピでも何回が作ったけど、大体どの方のレシピも基本はホットケーキ生地にみりんを入れるのがポイント!美味しい和菓子をぜひおうちカフェでどうぞ!

・・・

▼こんなにジューシーで美味しいとは!
1433849.jpgラ・フランス(洋梨)の美味しさをヘレンから教えてもらって以来、毎日トリコのtmkです。

洋梨っていまいち食べ方がわからなくてローカルのスーパーで安く売っててもスルーしてたんだけど、ヘレンが手土産に持って来てくれて以来、アボカド同様触って少し柔らかいくらいの食べごろになったら普通に皮をむいて林檎のように食べればいいことが判明し、毎日食しています。

日本の梨も最高に好きだけど、こちらではあんな美味しい日本の梨は入手困難なので、もっぱらラ・フランス派になってしまいました。こちらでも"Nashi pear"の名前で日本の梨を売っていますが味は比べものになりません。それに比べてこちらで入手できる洋梨はものすごい果汁たっぷりでトゥルトゥルでほんっとーーーーに美味しい。

普通に食べるには黄緑の洋梨でコンポートにするにはもう一つ違う種類の柔らかくならない皮が茶色がかった洋梨を使うといいとヘレン談。なるほど!これでタルトフィリング用の洋梨のコンポートはばっちりなはず!

ご訪問ありがとうございます。
↓↓↓お帰りの前にぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ


スポンサーサイト

炊飯器で本格ピラフ&チキンソテーの粒マスタードソース

1433840.jpg▲手抜き料理ディナー

困ったらチキンに頼るtmk。だってポタ夫ったら「チキンガ アレバ イイ。」って言うほどチキン大好き人間なんですもの。

少し前のディナーですが、チキンソテーに粒マスタードソースを添えて、ご飯はエビピラフを乗せたワンプレートで。これにカニカマときゅうりの胡麻ドレサラダ。

私はチキンの気分ではなかったのでピラフとサラダだけしか食べてないけどこの粒マスタードのソース大好評でした!

それと最後のパセリを入れ忘れましたが、ピラフも簡単で美味です。ポタ夫も吠えてたよ♡次の日のお弁当にも残ったピラフを詰めて楽ちん♪(それでもその他のおかずは作らなきゃいけないけどーぉ^^;)

・・・

以下、大雑把なレシピ。

【粒マスタードソース(必要な分量)】
粒マスタードとパルメザンチーズ(各適量)、牛乳(少々)をチキンをソテーした後のフライパンに入れて木べらで軽く混ぜ混ぜ。この際火は消し、フライパンについたチキンのうま味をこそぐ気持ちで。

【炊飯器でエビピラフ(米2合分)】
1.米(2合)を研ぎざるにあげて30分以上よく水切りしておく。その間にエビの殻剝き、酒(少々)と片栗粉(少々)でエビを軽く揉み、流水でさっと洗い流し、キッチンペーパーで水気を軽く拭いて下処理完了。
2.人参(1本)、玉ねぎ(1個)、ピーマン(半分)をバターを熱したフライパンで炒める。玉ねぎがしんなりしたら1のエビも投入し塩コショウで味付け。
3.エビだけ取り出し、1の米をフライパンに投入。米が半透明になるまで炒める。
4.米が半透明になったら火を止め、炊飯ジャーに入れ、エビも乗せる。水(360cc)とコンソメ粉(大1、キューブなら1個を砕いて)入れ、普通に炊く。
5.炊き上がったらバターとパセリ(各少々)を入れ全体を軽く混ぜる。

週末のランチなんかにも最適ですよー!

ご訪問ありがとうございます。
↓↓↓お帰りの前にぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ


レンコンはさみ揚げとメンチカツの間

IMG_5200.jpg▲ハンバーグのタネをリメイク

今日のタイトル、竹之内豊とチャン・ツィーが出てた映画のタイトルのようになってしまった(全然!)。

ハンバーグを作るとタネが微妙に余ることが毎回。お弁当用にミニハンバーグをこしらえてもまだ余ってる。毎日がハンバーグではあまりにもポタ夫がかわいそうなので、レンコンにタネをギュッギュッと乗せてメンチカツ風にフライにして晩ご飯の食卓へ。

うんまーーーーーーい!!!!

れんこんの歯ごたえといい、衣のさくさく感といい、ミンチ部分のふんわり感といい、自分でもびっくりの美味しさでした。衣をつけて冷凍保存してお弁当のおかず用にストックも完了。ハンバーグのタネが余って困ったらぜひお試しを!

その他メニューは、同じくお弁当用に大量生産したエビフライ、サラダのクリーミーごまドレッシング和え、きんぴらごぼう、白菜×あげ×わかめのお味噌汁。

Rare cheese cake▲レアチーズケーキ

デザートは午前中にレアチーズケーキを作って冷やしておいたのでそれを。先週作っておいたブルーベリーソースを添えて。

ごちそうさまでした!

ご訪問ありがとうございます。
↓↓↓お帰りの前にぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ


McLaren Vale/ポタ夫40回目の誕生日

McLaren Vale▲マクラレン・ベール(McLaren Vale)のWirra Wirraヴィンヤードにて

義両親アデレード滞在記の後編です。

そもそも彼らのアデレード訪問の最大の目的はワイナリー巡りではなく、ポタ夫の誕生日を祝うこと。そうです、この週末はポタ夫40歳のバースデー(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)だったのです。

ここでオーストラリアプチ情報。毎年6月の第2月曜日は、西オーストラリア州を除くその他の州ではクイーンズバースデー(エリザベス英国女王)という祝日があり3連休になります。ポタ夫の誕生日はほぼ毎年これと重なります。(ちなみに、実際のエリザベス女王の誕生日は6月ではありません。)

そんな彼の誕生日は朝から2回目のワイナリー巡りへマクラレン・ベール(McLaren Vale)へ。私はこの日帰りのドライバーだったためテイスティングができず外の景色やお天気を楽しむのみ。なのでワインの感想も何もありませんが、シティから遠くないわりにとても素敵なロケーションなのでお酒が飲めない方にもおすすめです!いや、やっぱり飲めないと楽しくないかな(笑)

Glenelg and BBQ▲グレネルグにもお出掛け

また別の日には私とポタ夫もたまにでかけるグレネルグへ。義両親3人はシティからトラムで向かい、私とポタ夫は車で向かいグレネルグで合流、お散歩&ランチ。ランチはマリーナピア内の『fish』でフィシュ&チップスを。ここのフィッシュ&チップスは美味しかったわー。ランチスペシャルでお手頃だったし。またリピートします!

帰宅後はポタ夫がBBQアゲイン。この日はソーセージの他にラム肉のステーキもBBQ。私はサラダだけを用意し楽ちんディナーでした♪

At home▲その他色々

ジュディがシドニーに帰った後は残ったレイ&ヘレンと飲茶を食べに出掛けたりシティ内をぶらぶら探索したり。特に特別なこともなく日常を過ごした感じかな・・。

それでも私にとっては非常に得るものが多かった今回の義両親の滞在。改めて3人の深い愛情に触れる機会となりました。

それから個人的に嬉しかったこと。

オーストラリア人にしてはものすごく家庭的なヘレンに"You are so organized. You'll be a good mother.(tmkはきちんとしてるわねー。きっといいお母さんになるわねー。)"と言ってもらえたこと。

こちらではよく食べるお野菜の一つBrussels sprouts(芽キャベツ)の調理方法がイマイチ不明だったんだけど、これをヘレンに教えてもらって単純に茹でても美味しいし、バター、塩コショウ、ガラムマサラ、バルサミコ酢でソテーにしても美味しいし、天ぷらにしても最高に美味しいということがわかったこと。天ぷらはtmk案。きっと合うはず!と思って揚げてみたら最高でした!(日本だと芽キャベツの天ぷらってよくあるのかしら?)

33歳にして人生初、ヘレンに編み物を教えてもらったこと。ただ今マフラーをちくちく中。いつ出来上がることやら~。これに関しては気長に。途中まででも編んでることが私にとっては奇跡。嗜好と同様、興味も年齢とともに変わるもんなのねーぇ。

最後に私からポタ夫へのバースデープレゼントですが、本人からのリクエストで出会いから現在までの写真にBGMと説明字幕を付けて編集したアルバムをUSBに落としてプレゼント。TVに繋げてみんなで観たらポタ夫号泣。つられてtmkももらい泣き。つられて義両親ももらい泣き。そんな涙あり笑いありの楽しい10日間でした。

ポタ夫、改めてお誕生日おめでとう。

50歳になっても60歳になっても、85歳くらいになるまで陽気に楽しく過ごしていきましょうね♪

ご訪問ありがとうございます。
↓↓↓お帰りの前にぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ


『The Great Gatsby』

the-great-gatsby-article-po.jpg原題:The Great Gatsby (2013)
邦題:華麗なるギャツビー

★★★:評判があまり良くなかったので期待せずに行ったら大好きだった。Baz Luhrmann監督の映画だけに映像は華やかだしダンスも音楽も楽しい。時代背景も好み。最後は切ないエンディング。久々にお目見えするディカプリオが男前過ぎて彼を見てるだけでよかった(笑)おススメのx3つ!

義両親が滞在中にポタ夫と2人で抜け出して久々に映画デート。

ポタ夫の職場で無料映画券をたまに配るという。しかも次の映画はtmkが観たいなと思っていた『The Great Gatsby』の無料券だという。

「もらって来てよ=3」

と鼻息を荒くしていうと次の週もらってきてくれた。

ただ券だけに日程は変更できないので義両親にはお家でお留守番してもらって行って来た^^

会場に着いてみるとなんと映画だけでなくドリンクとポップコーンもただ!どんな映画でもいいから次回もよろしくお願いします~♪

ご訪問ありがとうございます。
↓↓↓お帰りの前にぽちっとよろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ


プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。