『Cafe Jen』

Cafe Jen▲ポップでこぎれいな店内

先日Balmain散策に行った際、3時のカフェタイムでCafe Jenというオープンして間もなそうなカフェに入りました。オーナーは間違いなくKoreanだなって感じのカフェ。

▼アイスコーヒー
Iced coffeeメニューが豊富なお店ではありませんが、ちょっと休憩するには静かでいいかも。

この国でアイスコーヒーを頼むと、ほとんどの場合ミルク入りでバニラアイスが上に乗ってくる。この日は甘いものが食べたい気分だったから美味しかったー!コーヒー自体は甘くなくて。

さっぱりのどを潤したい時は、「No ice cream.(アイスクリームなしで)」と一言添えましょう。
スポンサーサイト

『Pizza Birra』

ライスコロッケ▲サフランライスのコロッケ

快晴の今日、以前から企画していた隣町Balmain(バルメイン)散策へYaminちゃんと。この街のメインストリートにあるPizza Birraのピザが美味しいと聞いていたので、ランチはそこでいただきました。

▼めちゃウマ
ナスのピザトップ画像のライスコロッケ(真ん中にモッツァレラチーズ入り)をサイドで注文し、メインはナスのピザ。

噂通り、ピザが美味。ライスコロッケも美味しかったですが、久しぶりにピザがこんなに美味しいと思ったよ。チーズのとことか堪らん♡

Birra店内














▲店内

夜はもっと雰囲気が良さそうなお店でした。次もピザが食べたくなったら間違いなくここっ!

アデレード旅行1-グルメ編 『Sugar Cane Vietnamese Restaurant』-

海鮮クリーム鉄板焼き▲海鮮クリーム鉄板焼き

アデレード旅行記最終回の今日は、ホテルから徒歩1分という最高のロケーションにこれまた雰囲気のいい美味しーーーヴェトナム料理屋さん『Sugar Cane』があったのでご紹介です。

トップ画像の海鮮クリーム鉄板焼き、日本のクリームシチューに近い料理で最高でした。急いで撮ったので写真がイマイチですが・・^^;

Entrance▲入口には水の流れる大きな石

エントランスのドアの前に水の流れる石があったり、店内は竹が飾ってあったり、ヴェトナム料理店だけあってとてもアジアンな雰囲気。

Sugar Cane▲店内の一角とグリーンカレー

メインにもう一つタイ風グリーンカレーをポタ夫が注文。こちらも定番ね。この他にオントレーでヴェトナムの焼売も頂きました。満腹。

▼もちろんBYO
ポタ夫 at Sugar Cane翌日ポタ夫が早かったので、ホテルの近所にこんな素敵なレストランがあってラッキーでした。

ちなみに今回滞在したのは『GRAND CHIFLEY HOTEL ADELAIDE』というホテル。お手頃でとても清潔感のある心地いいホテル。シティー中心街には近いし、ノースにもお散歩がてら徒歩で行けたしねー。




翌日私は飛行機でシドニーへ。飛行機って、はやい(笑)

帰りの飛行機▲今回はバージンオーストラリアでした

来月のアデレードも今から楽しみっ♡

・・・

▼この旅のワイン3本目
Barossa Muster【ワイン記録】Barossa Muster
Shiraz(赤)/2010年/$不明
美味しいとは聞いていたけど、未熟な私にでもわかるほど美味しいバロッサの赤。参りました。












・・・ お ま け ・・・

▼期待通りの味
コーヒー入りチョコレートシドニーにもあるけど買ったことはなかったチョコレートチェーン店『HAIGH'S』のコーヒー入りチョコレート。

歩き回って疲れたので買ってみたらコーヒー風味がガツンと効いてて濃厚な美味しさでした。店内はチョコレートのあま~い香りが漂ってます。お土産にもいいね(・∀・)b

アデレード旅行1-グルメ編 『Cucina』-

ボードメニュー▲入口横のボードメニュー

アデレード中心から北に上がったノース・シドニーでものすごく理想なカフェ&レストランを発見してしまいました。正確にはポタ夫が見つけたのですが。二日目のブランチ、どこで食べるか大分歩き回ってもピンとくるカフェがなかったので、ちょいとそこまでなら安いからとタクシーに乗ってノースへ。

▼街角の『Cucina』というカフェ
外観タクシーの中からポタ夫が発見した『Cucina』というカフェへ入ってみると、左写真の外観はそうでもないですが、店内に入ると雰囲気もメニューもまさにこの朝の気分とぴったりで、即テーブルに着きブランチメニューを拝見。

ポーチトエッグとろ~ん




▲二人とも同じ"Cucina brekky"で即決

大抵どこのカフェも定番のブレックファーストプレートを持っていて、卵のスタイルを選べるようになっている。ポタ夫とtmkはいつもお決まりのポーチトエッグ。その他トマトやマッシュルームやベーコンはどこのカフェ&レストランも同じ。ここのはハッシュポテトが付いてたな。

Brunch at Cucina▲久しぶりに食べると美味しい

こんな脂っこい朝食毎日は食べられませんが(死んじゃうよね)、たーまーにブランチで食べると美味しいです(量が多いので大抵ランチ抜きになる)。

店内▲店内

奥にはカフェコーナーもあって、本当に素敵な雰囲気でした。料理ももちろんグッド。

黄色い車のディスプレイ▲カフェの隣には黄色いレトロ車も

このお店はもう一回戻りたいな。

「アデレード旅行1-グルメ編③-」へ続く。

アデレード旅行1-グルメ編 『THE MARQUIS』&『Passatempo』-

Marquis▲高級な雰囲気漂うワインバー&レストラン

アデレードの街に到着してブラブラ街を歩きながら、偶然見つけて最初に入ったのがこのワインバー&レストラン『THE MARQUIS』

店員さんの対応もとってもフレンドリーでゆーっくりワインやコーヒーが飲めました。店員さん曰く、「金曜の夜は投資家さんで賑わうんだ。高価なワインを飲みながら仕事の話をされてるよ。」

・・・

軽く食前ワインを飲んで、街ブラ再開。

レストランが集まる通りをホテルのレセプションで教えてもらっていたので、もらった地図を片手にその通りへ向かいます。

入ったのは、『Passatempo Caffe Ristorante』というイタリアンのお店。

Passatempo▲パスタは一皿が多くて半分ポタ夫へ

今ネットで少し見たらあまり評価は良くないですが、私たちの注文したオントレーのガーリックブレッド、メインのペンネ(プリプリの大きなえびがたくさん)とフェットチーネカルボナーラも全て美味しかったです!スタッフもフレンドリーだったし。

Passatempo outside▲外にもテーブルが作ってあります

今の時期は寒いけど、外で食べてるカップルもいました。ランチや夏なら気持ちいいでしょうね。

・・・

▼この旅のワイン2本目
Argyle Estate【ワイン記録】ARGYLE ESTATE
Shiraz(赤)/ヴィンテージ 2008年/$不明
このワインめちゃうま。さすがバロッサ。ポタ夫のように本当にワインが好きな人は、ワインを酸素に触れさせるんだけど、私はどうも酸素が混ざると苦手。でもこのワインは酸素に触れてもまろやかな味が続いて好みだった。


「アデレード旅行1-グルメ編②-」へ続くよん。
プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: