スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本帰省3-新幹線の旅編-

8141_10103626078686164_8076193545289414844_n.jpg▲ポタ夫チョイスの押し寿司駅弁

Hi everyone! How's your weekend going? 私は明日までかかるかと思った月曜締切のお仕事が今終わって、ものすごく達成感!な土曜の午後を過ごしております。これで明日は丸々お休みだーヾ(*>∀<)ノ彡★

12549041_10103626078491554_6511052897372412029_n.jpg▲スタバのかわいい店員さんと日本語の練習中

さて、今日は熊本帰省シリーズ最後で、新幹線移動の記事を短く。東京に立ち寄らない帰省は福岡空港到着なので初日は博多に一泊して翌日に熊本移動が恒例。

12507552_10103626078586364_569486246985591520_n.jpg▲Serious business

今回も初日はいつものホテルに滞在し、翌日朝食を済ませ、チェックアウトし、スタバでまったりしてから、博多駅で駅弁を買い込んで新幹線で熊本へ。一時間弱の新幹線の旅もワクワクです。

▼言わずもがなチューハイも旅のお供
1918023_10103626078716104_9149336440299900656_n.jpgきれいな車内に乗り込み小一時間の旅スタート。

お弁当はポタ夫チョイスの方が断然美味しかった。

こういうとこ、すんごいセンスあるのよね、この人。

それにしても新幹線にしてよかったです。

身重の私に長時間フライト後さらに2時間の高速バス移動はきつかったはず。

お値段もそこまで張らないし、こりゃあ次回からも新幹線移動だわね。


・・・

おまけ。

12523154_10103626083167184_6892845857914720136_n.jpg▲ポタ夫初のうな重

こちらは日本滞在中最後の晩餐となったうな重。うなぎ大好きのポタ夫、日本に住んでいた頃はデパ地下でうなぎだけ買ってきて白米に乗せて食べることはしていたようだけど、うな重は初体験。鼻息鳴らして平らげておりました。

あぁ、今回も両親の多大なるサポートがなかったら叶わなかった日本帰省。本当にありがとうございました。次帰る時は小さい人も一緒です(*´艸`*)

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


スポンサーサイト

熊本帰省3-『クェンマイ』にてGと再会編-

12596234_10103643730711364_301651635_n.jpg▲絶品えびカツ

Good evening everyone! 今日は珍しく夕方の更新でーす!と言うのも午前中お仕事→午後は久しぶりに会う大好きなお友達とランチだったので外出してましたー。

さて、実はまだ終わっていなかった熊本帰省の記事w 今日は前回の同シリーズに引き続き、アデレードにも来てくれたGとの再会で大好きなタイ料理屋さん『クェンマイ』での写真ですー。2014年の日本滞在中も行ってましてん。ちなみにその時はお腹を壊したんだけど、今回はそんなこと一切ありませんでした!

12606843_10103643730586614_881776733_n.jpg▲定番の生春巻き

ここは何を頼んでも美味しいんだけど、Gが常連で美味しいメニューを色々教えてくれる。こちらの生春巻き、もう本格的なソースに合って最高です。トップ画像のえびカツも一人で全部いけるんちゃうん!?ってくらい美味。

12607177_10103643730651484_893524494_n.jpg▲初挑戦のヤムウンセン

このお店では初挑戦だったヤムウンセン。オーダーした後に知ったんだけど、お店の一番人気らしい。食べて一言、アーハン。お店一番人気、納得。

12576294_10103643730631524_660265891_n_2016012819140657b.jpg▲〆のグリーンカレー

タイ料理屋さんに入るとポタ夫が注文せずにはいられないグリーンカレー。こちらクェンマイさんでは初オーダーでしたが、なんかもう初めてでも安心して注文できちゃうお料理ですよね。いい感じのピリ辛加減でペロリいただきました。

12552917_10103626101206034_5707783441789456878_n.jpg▲記念写真

最後にお店の入り口で記念写真。はい出た、顔パン(泣)

・・・

おまけ。

▼ノリノリでやんす
12570921_10103643730471844_777185256_n_20160128190113e15.jpgちなみにこの日はGと落ち合う前に一時間だけポタ夫と二人でカラオケへ。

大部屋しか空いておらず二人なのに大部屋で、ステージあり~の金のスタンドマイクあり~の。

ポタ夫のテンションどこまで上がらせるんじゃい!?

そんな一時間でした(^_^;)









タイ料理 クェンマイ
Address: 〠860-0863 熊本県熊本市中央区坪井2丁目3−37
Phone: 096-346-7099
月・水・木・金・土・日 6.00 pm - 12.00 am
火 休

関連記事
『タイ料理 クェンマイ』

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


日本帰省3-世界文化遺産万田抗見学編-

1459053_10103626082867784_7206707220988633601_n.jpg▲万田抗工場内にて

Hi everyone, it's been such a beautiful weekend here in Adelaide! I wonder how the weather is like at the moment where you live :)

とっても気持ちの良い週末を迎えているアデレードでございます

今日の写真は、先日アップした玉名温泉宿泊の翌日に、大学時代の後輩家族が合流して連れて行ってくれた三池炭鉱 万田抗見学の模様。

▼世界遺産登録おめでとう!
12549023_10103626082772974_5711622795652501636_n.jpg昨年7月に世界文化遺産として登録が決定されたばかりのほやほや。

シルバーボランティアのおじさまたちが丁寧に案内してくれたんだけど、なんとこの炭鉱、18年前まで稼働していたらしいの!18年前なんてついこの前ですよね!

保存状態がとてもいいらしい万田抗なので、中に入ると顔も体も真っ黒に汚れた汗臭くて男らしい鉱員たちがせっせと鉄鉱石を運び出す姿が容易に想像できるようでした。


何かないとなかなか来ない場所だっただろうので、急な合流にも関わらず連れて行ってくれた後輩家族に感謝!

・・・

おまけの写真。

12509661_10103626082942634_433832828855128968_n.jpg▲最近LAにも進出したのね

玉名温泉に出発前に腹ごしらえ。熊本とんこつラーメンを『龍の家』さんにて。いつ食べても濃厚で最高。あぁ、お家でも作れるとんこつラーメン買ってくればよかった・・・(涙)

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


日本帰省3-玉名温泉『花鳥風月の宿 さつき別荘』編-

Kazokuburo.jpg▲個室に付いた檜の半露天風呂

みなさま、大変遅ればせながら、今頃ですが、新年明けましておめでとうございます!もう今年も開けて半月が経とうとしていますが、今年もこの稚拙なTMK Australia Journalをどうぞよろしくお願いいたします。日本から帰国して通常の生活に戻るために荷解きをしたり、食料品の買い出しに行ったり、ミッドワイフとの検診があったり、糖尿病検査があったりとバタバタしておりましたー(-_-;)

まずは熊本帰省の記事がいくつか続くかと思いますが、時系列ではなくハイライトだけランダムに載せていくつもりです。ではさっそく一発目、行ってみよー!

Room.jpg▲離れ洋風スイート

今回の帰省は私が身重ということで、長距離運転なしに行ける温泉宿を一泊だけ予約していました。熊本市内から約1時間で行ける玉名温泉の『さつき別荘』。温泉地九州は遠くから近場まで温泉が選び放題でほんと幸せ!

ポタ夫は地べたに座るよりイス派、私もお腹が大きいのでお部屋はお布団ではなくベッドで寝られる洋風を取りました。妊婦には嬉しいお風呂付きの部屋で、しかも半露天!大浴場に抵抗を感じる妊婦にはとっても嬉しい!寒かったので開けませんでしたが、デッキもあって春や秋ならとても気持ちいいでしょうね。夏はちょっと蚊が気になるかな。いや、でもお風呂上りに片手にビールで寝転ぶってのもありかな。あ、tmkはビール苦手なんだった・・。

Onsen iroiro▲ポタ夫はさっそく大浴場へ

温泉大好きポタ夫氏は、チェックイン後浴衣に着替え男湯へGO!結局一泊の間に大浴場と部屋風呂に4、5回入ってたな。私も部屋風呂に3回ほど入って大満足です。

▼浴衣を着るのが大好きな人
Onsen water fall離れの部屋からは少し歩いて大浴場へ向かいます。

Dinner_20160114100528841.jpg




















▲お待ちかねの夕飯

お肉がメインのお夕飯にお腹も心も大満足。

Potao enjoying dinner in yukata▲冷酒がすすみます

メインの霜降り和牛石焼きステーキが美味しいこと。口の中でとろけます。豚しゃぶもさっぱりで捨てがたい。写真には写りきれてませんが、鮭の炊き込みご飯と蛤のお吸い物も。満腹になり過ぎて、私のステーキ2切れはポタ夫の胃袋へ。

Breakfast in yukata▲朝食も楽しみの一つ

そして翌日。夕食と同じく、指定のお食事処でいただきます。各部屋ごとのテーブルに並べられたメニュー以外にも、食事処の前方に筑前煮、サラダやフルーツ、ヨーグルト、ドリンクが自由に取れるように用意してありました。旅館でいただく和朝食ってどうしてこんなに美味しいんでしょう。私はご飯のおかわり、ポタ夫は貝汁のおかわりをそれぞれ。

チェックアウトが11時とゆっくりだったので、朝食後にも温泉を堪能して宿を後にしました。次回温泉宿に泊まれる時がいつになるかわかりませんが、その時はティビも一緒かと思うとなんだか感慨深いわ~ぁ。そんなことを話しながらとっても癒された一泊二日となりましたとさ!

花鳥風月の宿 さつき別荘
Address: 〠865-0016 熊本県玉名市岩崎368-2
Phone: 0968 72 3157
http://www.satsukibessou.com/index.html

Thank you for stopping by my blog! tmk xx

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


日本帰省2-その他ランダム編-

10383542_10102667698437864_7256901477119345686_n.jpg▲二の丸公園からお城を眺めて

みなさま、こんばんは!映画のレビューは書いたものの、すっかりご無沙汰していました(汗)

さて、時間も遅いのでさっそく本題。もはやいつ始まっていつ終わったのか、はたまたまだ続いているのか本人もよくわからなくなっていた日本帰省記録ですが、今回のランダム編を最後にポタ夫と2人での日本帰省2回目の記録は最終回です。それではその他色々の写真をさらっといってみよ。

▼何が何でも外せない熊本城
16199_10102667698637464_9063852982013718101_n.jpg今回も秋晴れの気持ち良い日にお弁当と酎ハイ買って熊本城を拝みに。

お隣の二の丸公園に座って相変わらず黒塗りが男前のお城を眺めながらお弁当をいただきます。

Kumamoto castle













▲城彩苑へ移動

ピクニックを満喫したら、お隣の『城彩苑 桜の小路』でお土産や地元の名産品を物色。ポタ夫の大好物、抹茶のソフトクリームは前回もいただきましたが、今回ももちろん外すことなくいただきます。

Okunomiyaki.jpg▲お好み焼き初体験

日本食大好きのポタ夫にも、日本在住中になんとなく食べていなかった和食がありました。そうです、お好み焼きです。せっかくなので自分で焼けるお店、熊本では知らない人はいないであろう老舗中の老舗『大文字』さんへ行ったりも。ものっすごく気に入ったらしく、ホフホフ美味しそ~に食べてたよね。

それからまた別の日には同じく老舗『紅蘭亭』系列の『馬馬虎虎(マーマーフーフー』で大好きなからあげランチをいただき、デザートはこれまた同系列会社のケーキ屋さん『SWISS』でチョコレートパフェをペロリ。なんで日本ってこんなに美食天国なんでしょう。あー、また写真見てたら日本に帰りたくなってきた。ちなみにこちらのケーキ屋さんにはtmkのお友達のTちゃん(ちょうど下の写真でピースしてる子)が勤めてまーす^^

Shivars.jpg▲大学時代のサークル仲間

はい、お次の写真はまた別の日の夜。地元大学時代のサークル仲間+高校時代の友人1名が集まってくれました。本当はあと2名(夫婦)参加してくれるはずだったんだけど、急遽家庭の事情で会えなくなり、この日は女性多めの宴。熊本の友人に紹介する機会がこれまであまりなかったので、とっても良い機会になりました。文句一つ言わず付き合ってくれたポタ夫、ありがとうね!そして忙しい中貴重な時間を割いて集まってくれたみんなも、本当にありがとう!!

With S-chan▲大親友Sちゃんと

こちらも別の日の夜です。tmkはこの方を心の中でこっそり崇拝してます(笑)彼女は私の友達の中でも、心底彼女がいてくれて良かったと思う親友の1人。高校が同じで大学は違ったけど、大人になってもまたこうして再会できる縁に感謝。

Tokyo.jpg▲東京滞在

そして今回の日本帰省中も、弾丸だったけど東京に行ってきました。目的は2つ。妹夫婦に遊んでもらうことと、アメリカの大学(OU)時代のみんなに会うこと。

妹夫婦とは横浜の中華街に出向いて美味しい中華料理を食したり、お買いものしたり、もう平凡で些細なことが楽しくて楽しくて。

OUのみんなも超多忙なメンバーばっかりなのに集まってもらって、至極感謝してます。と言うか、私のお店選びミス&段取りミスで、全員ときちんと話せなかったのが未だに悔やまれるーぅ(T_T)次回の帰省時には、絶対もっと上手に手はずを整えますので、これに懲りずにまた会ってやってね・・。

10409717_10102647807210044_6933485141611292055_n.jpg▲I NIPPON

振り返れば2002年に熊本からアメリカに渡り、2006年にアメリカから北京へ渡り、2008年に北京から東京へ戻り、2009年から2011年の途中までを熊本で過ごし、2011年後半にシドニーへ渡り、2012年にシドニーからアデレードへ引っ越しと、20代前半からつい最近まで点々としてきたなぁ。

日本だけで生活していた10代の頃(ホームスティとか海外旅行はしたけど)は、自国や故郷の素晴らしさをちっともわかっておらず、「海外=アメリカ=全てがカッコイイ」みたいな根拠のない方程式が自分の中で出来上がっていました。でも、その頃の私よりは多少海外を見てきたつもりの今の私には、海外=アメリカではないことも、=全てがカッコイイではないことも、日本という国に生まれたことがどれだけ幸せなことか、日本人がどれだけ質の高い国民性を備えているか、日本の文化や習慣がいかに貴重でありがたいものか、そしてその反面、日本が克服すべき問題がたくさんあることも、全てをひっくるめて、やはり日本という国が大好きだと(アメリカも大好きだけど!)、海外生活10年目を迎えようとする今、改めて感じています。

最近アデレード生活(というか、アデレードの経済的規模の小ささ)にすっかり飽きてきたところでしたが(苦笑)、あー、また次に帰るのを楽しみにアデレード生活楽しむぞー!

延々と日本滞在記にお付き合いいただき毎度ありがとうございましたー。

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。