Family Christmas 2016

15741317_10104552323648834_8745475386696651396_n.jpg▲Merry Christmas!

Merry Christmas everyone!

ということで、今年はポタ子初めてのクリスマスでした!年明けてすぐに引っ越しを迎えているのでシドニーに帰省もできませんでしたが、残り少ないこの自宅でのクリスマスを3人でひっそり楽しみました。

Family xmas▲プレゼントオープンとクラッカー

クリスマス当日はツリーの下に置かれたプレゼントをみんなでオープン!と言ってもほぼポタ子のものばっかりでしたが。

テーブルに着席して食事の前にクリスマス恒例のクラッカーを隣の席の人と引っ張り合います。ポタ子もダディと引っ張り合いっこ。引っ張る前にもうなぜかガッツポーズ。愛ちゃんばりの「サーッ!」をいただきました。

Xmas lunch▲クリスマスランチ

ポタ夫がメインにチキンのレモン&オリーブ焼きとローストポテトを焼いてくれたので、私はサラダとデザートの即席ティラミス。ポタ子の離乳食もクリスマス仕立て。

この家でポタ子と過ごした最初で最後のクリスマス。何年か後にこの写真を見返して胸がぎゅっとなる自信があります。あぁ、アデレードを出るの、やっぱりいざとなると寂しいなあ。いや、キャンベラもきっと楽しいに違いない!残りのアデレード生活は業者が荷造りに来てくれる前の自分たちでまとめたい荷物の梱包に追われることになるけど、それもいつか振り返った時に楽しい思い出となるようにがんばるぞー!

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


スポンサーサイト

Christmas in Sydney 2014

Christmas table blue2▲シドニー実家にてクリスマスランチ♪

みなさま、こんにちは!今日も最高気温38度の暑いアデレードです。私たちの住むサウスオーストラリア州は、今夏ひどい山火事に襲われています。私たちが去年遊びに行って大変気に入ったAdelaide Hills(アデレード・ヒルズ)のエリアも家や車を家事で失ったりした人が続出。どうかこれ以上被害がおおきくならないといいけど・・・心配です。

さて、今日は義理ママJudy(ジュディ)宅でのクリスマスの模様をアップしますー。

Christmas table at J moms▲ふざける夫婦

今年はポタ夫の実兄Steve(スティーブ)も参加でのクリスマス&年越し。クリスマス当日25日は、Judyの双子のお姉さんBarbara(バーバラ)とその旦那さんJohn(ジョン)も加わって、プレゼント交換&クリスマスランチでした!

Christmas2.jpg▲久々の再会に嬉しそうな兄弟

こうやって集まると、家族ってやはりいいもんですね。いつか日本でクリスマス&年越しがしたいな・・(しみじみ)

て言うか、食べ物の写真が一切ないことに今気付いた・・。食べることに夢中になっていたと思われます。悪しからず。

Perikans AJ▲The Entranceへ!

そして翌日のBoxing Day(ボクシング・デー)には、義理パパRay(レイ)と第二のママHelen(ヘレン)が住む観光地The Entrance(エントランス)へお泊りに。

目の前に広がる海ではペリカンの餌付けが見物となっとりまふ。

Snooker AJ▲人生初スヌーカー!

近くのバーレストランへランチついでにsnooker(スヌーカー)というビリヤードに似たゲームに挑戦。正直ビリヤードのルールも全然知らないので、何がどうビリヤードと違うのかさっぱりわかりませんでしたが、久々の玉突きゲーム(?笑)、楽しかったー!

tmk on the warf and potao fishing▲家の前で釣りの男子たち

エントランスで二泊三日して再びシドニーに戻ると、バーバラとジョンの息子、つまりポタ夫のいとこのDave(デイブ)が、パートナーの息子Rを連れて遊びに来てくれたのん。Rの可愛さ&お利口さにノックダウン。ティーン。

R and Potao sepia AJ▲Rとマブダチに

ポタ夫、2014年最後の最後に新しいお友達ができました。

・・・

▼往路のアコモデーション
IMG_0032.jpg今回往路で滞在したのは、Wagga Wagga(ワガワガ)という街にある『International Hotel Wagga Wagga』

ラグジュアリーホテルではないので紹介するか迷ったけど、一般的なホテルにしてはかなり好印象だったので自分の覚書として載せておきます。

一年ほど前にできたばかりの新しいホテルで、部屋も浴室も広く、清潔感も◎。

この時期にしては価格もかなりリーズナブル。

朝食は1人分が無料。アメニティグッズも一通りそろっていて、質も良かったです。

IMG_0030.jpg▲モノトーンのシックな部屋

おかげで長距離運転で疲れた体をゆっくり休めることができました!もしまたWaggaに行くことがあれば(あるのか?)、こちらのホテルにお世話になる予定。

International Hotel Wagga Wagga
Address: 2 Lake Albert Road, Wagga Wagga NSW 2650, Australia
Phone: 02 6971 7007
http://www.intlhotelwagga.com.au/

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


Quiet and Peaceful Christmas 2013

IMG_7219.jpg▲前菜だけでもリース風w

日本でクリスマスと言えば、♥カップルの大イベント♥で、クリスマス当日よりもイブに盛り上がるイメージ。一方、本場アメリカやオーストラリアの西洋文化では、クリスマス=家族で集まって過ごす年に一度のファミリー大イベントで、イブよりも25日が大事です。

そして街中のお店やレストランはほぼ閉まってしまうので、外食したり遊びに行くこともありません。最近では、シドニーやメルボルンのような大都市のお店はクリスマスでも開けているようですが、ここアデレードはまだまだ閉店のお店ばっかりで、シティもしーんとしています。

タイトルの"Quiet and Peaceful Christmas 2013"は、「静かで平和なクリスマス2013」の意。オーストラリアで過ごす真夏のクリスマスは今年で5回目でしたが(遠距離恋愛中の2009年と2010年を含む。ちなみに2010年は元旦にカメラを盗まれたのでクリスマス~お正月の写真が一切ありません。2011年は結婚式直前クリスマス&日本の家族とともに年越し、2012年はアデレードに引っ越した後だったけど、年末年始に車でシドニー里帰り)、初めてポタ夫と二人きりのクリスマスでした。

二人だと、、、


とっても静かw

11月の単身シドニー帰省中に義両親たちとプレゼント交換も済ませちゃったし、クリスマスツリーも今年のセールで来年のために購入する予定なので飾り付けをする必要もなく、何だか物足りないくらいよっ!

前々から来年2014年のクリスマスはシドニーに戻る予定にしていたのだけど、ポタ夫と二人、「やっぱりクリスマスは家族と過ごすのが一番いいね!」という結論に至り、来年は絶対帰る!と改めて心に誓ったわ。

前日まで不在にしていたこともありディナーも事前に計画&準備できず、当日の朝からバタバタと簡単なものを用意しただけの普段の料理に毛が生えた程度のメニュー。自分用に忘備録がてらアップです。

▼シュリンプカクテルを少しアレンジした前菜
Xmas dinner mix今年は全てのお料理を一斉にテーブルに並べるスタイルではなく、前菜→スープ→メイン→デザートの順で出してみました。

(そして一斉に並べた方が豪華に見えて見栄えがいいなということに気付きましたので、来年からはもうこのコースメニュースタイルではサーブしないでしょう)

トップ画像にもある前菜は、シュリンプカクテルを少しアレンジしたえびとアボカドのタルタル風。なんちゃってセルクルで二層にして型を抜きました。クックパッドさんにお世話になったレシピだけど、もうほんとに美味しくてびっくり。ポタ夫も相当気に入ったらしく、「コレ ファインダイニング。」と意味のわからない(いや、わかるんだけどね)セリフを頂戴しました。便利な世の中です。

soup.jpg▲スープ

スープはコーンポタージュ。早く使いたいコーンが余っていたという理由でコーンスープ。これまでのコーンスープで一番美味しく仕上がったのは、やはり芯も一緒に茹でたからかしら?

IMG_7225.jpg▲メイン

メインはローストビーフ。こちらもクックパッド様様で検索。ローストビーフって焼き加減が命。冷やして食べるけど中が生過ぎても食べられないし、焼き過ぎて硬くても美味しくない。正直トライアルもなしにぶっつけ本番で作ったので失敗してまさかのメインなしのクリスマスディナーになるかと冷や冷や((^┰^))ゞ テヘヘ

冷や汗もんでスライスしてみると、わー!ロゼ色だー!赤ワイン、お醤油、レモン、レモンジュース、玉ねぎ、しょうが&にんにくのマリネ液に一日漬け込んで冷やしてたから、味が染みて最高です。肉汁で作ったソースをかけて、さっぱりいただけます。結果、ポタ夫唸る。

デザートはケーキなんて作る余裕はないし、どうせ二人だど消費しきれないので簡単にいつものバナナカップケーキで済ませました(苦笑)いいのよ、ポタ夫の大好物なんだからっ。

朝からポタ夫とお互いにカードを交換し、あとは穏やかでゆっくりなクリスマスとなった2013年。これはこれでとってもピースフル&新鮮だったけど、この時期はやっぱり家族と集まってワイワイ忙しく動いて、心身ともに心地良い疲れに襲われてナンボなんだなーぁ。そんなことを痛感したクリスマスでした^^

・・・

▼合わせたワイン
IMG_7212.jpg【ワイン記録】DOWIE DOOLE
Cabernet Sauvignon(赤)/2012年/$N/A(デリバリー2回目より)
McLaren Valeの赤。これがすごーく美味しくて久々のヒット。お肉料理にぴったりでした!またMcLaren Valeに行く機会があれば、このワインセラーに寄ってみよ。









ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


Christmas Party 2013 in Semaphore

XP1 AJ
▲美女二人に挟まれて

先日はポタ夫の職場のクリスマスパーティーに夫婦で参加してきました。去年はアデレード動物園でしたが、今年はセマフォアビーチの『Palais Hotel』にて。

去年のクリスマスパーティーはものすごく暑かったのを覚えているのに、今年は海辺だったことも手伝ってか強風で気温も低い。オージーのみなさんは全然関係なくノースリーブ率高しでしたが。

Xmas AJ▲食事はブッフェ形式

お料理はブッフェスタイルだったけど思った以上に美味しくて、やっぱりこのレストランは見た目よりも美味しいメニューを提供していると察知。

XP3 AJ▲食後にマジシャン登場

このマジシャンがイケてなくてさーぁw

XP top AJ▲手付きはそれっぽいんだけどね・・・

当のご本人は一切お気付きではございあせんでしたが、このボールを使ったマジック、種がバレしてましたよ・・・。

XP2 AJ▲最後にもう一度ガールズの写真

顔小さい、手足すらっ、身長170cm以上の美女2人に挟まれての写真、一瞬の間にポジション考えたよね。結果、2人の後ろに回り込んで遠近法で顔の大きさをかばい、全身を隠すっていうポジション。

2人とも偶然同じ名前のエマとエマ。右側のエマはイギリス人、左側のエマはオーストラリア人で2人ともとっても優しい女性たちです。イギリス人エマの英語がものすごいブリティッシュイングリッシュで、いつ話しても絶対コピーできないなと思いながら惚れ惚れします。今年も早めのクリスマスパーティーで素敵な思い出が増えました♪

そして明日から約一週間ほどシドニーへ里帰りーぃ!去年のクリスマス以来なので約1年ぶり。パッキングも終わりテンション上がって仕方ない。シドニーからはあまりブログ更新ができないと思うので、アデレードに戻ってから写真等アップしますー。

関連記事
「Christmas Party 2012 at Adelaide Zoo」
「Palais Hotel」

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


The Entranceの義父宅にて

エントランスの海▲The Entrance(ザ・エントランス)の海

料理の記事で間が飛びましたが、シドニーへ戻る前に義父宅で二日過ごしたのでその様子を。

IMG_3242.jpg▲道中とかクリスマスデコされたレイ宅とか

キャンベラ滞在を終えた私たちは義父レイと彼の奥さん(私のもう一人の義母)ヘレン宅へ向かうためNSWのセントラルコーストにあるThe Entranceへ再び車を走らせました。

Christmas at the Entrance▲二日遅れのクリスマスプレゼントとクリスマスディナー

到着したらお互いクリスマスプレゼントの交換。新居へ越した私たちのために二人が用意してくれていたプレゼントは、近くのショッピングセンターに入っているキッチンツールのお店のギフトカード。「明日これで何でも好きなもの買ってきなさーい。」って。もー!わかってるーっ!

翌日さっそくセールでお安くなっていたタジン鍋と余った端数でポタ夫と自分用にマグを購入♪普段キャラクターものは買わないタチですが、このMr.Happyシリーズは甘過ぎずかわいかったので連れて帰ってきました。

お料理上手なヘレンが用意してくれていたロースト・ポークもさいこーーーっ!!!!ポークは大好きだし、この時はまだお肉に嫌気がさしてなかった頃だから本当に美味しかった。作り方も教えてもらってきたから今度挑戦するぞー♪付け合せのグリル野菜もなぜか自分で作るより美味しいんだよねー。なぜ?

エントランス1▲翌日はベランダでバービー

豪英語(オーストラリア英語)ではバーベキューをバービーと言ったりします。翌日のランチはレイがバービーをしてくれました。レイはね、最近健康のためにお酒を控えてるんだけど、リビングの一角に「Ray's bar(レイのバー)」を持ってるの。小さい冷蔵庫完備で、周りにはワインやお酒がたくさん。

海へお散歩▲目の前に広がる海へお散歩

そうそう、朝はレイ宅の目の前に広がる海へお散歩。レイ宅へお邪魔する時は恒例の行事。この日は早朝だったこともあり空には雲がかかっていたけど、水に足をつけてもそこまで冷たいとは感じなかったな。

親子▲親子

ポタ夫海へ▲海へ入るポタ夫

ポタ夫はボディーサーフしてくるっ!と、海の中へ入って行きました。このボディーサーフってね、こっちの人はよくやるみたいなんだけど、体オンリーで波の乗ってすっごい気持ちいいの。

エントランス海の周り1▲クリアな海で楽しむヤングたち(←ヤングって古い?)

エントランス海の周り2▲海の周りには小さな遊園地も

観光客もたくさんなエントランスエリア。小さな遊園地や芝生やかわいいお店や飲食店がたくさん。

The Entrance bar▲The Entrance bar

夕方からは同じエリアに別荘を持つポタ夫の同級生ファミリーと↑のバーで合流。イタリアンオージーのRとアイルランド人の奥さん、二人の女の子、7ヶ月のベイビーくん全員で会いに来てくれたよ。

▼恐る恐る抱っこするポタ夫
The Entrance barにて三人とも本当に良い子たちだったけど、ベイビーくんが超ご機嫌な赤ちゃんで、誰に抱っこされても全然泣かないし、私もずーっと抱っこしてたんだよー。


カメラ向けたらこの笑顔♥

パパもママもきちんとした人たちだったからお姉ちゃんたち二人もしっかりしてた。こっちってひどい子はほんと躾がなってない子供が多いから感心だったと同時に、やっぱり親がきちんとしていれば子供もきちんと育つのだと再確認したのでした。

それにしても何回行っても義父宅は素敵なエリアです。観光にもおすすめ!

レイ、ヘレン、今回も楽しいひとときをありがとう。

清きワンクリックをお願いします。
↓↓↓こちらからオーストラリア情報満載のブログがご覧になれます

にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ
プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: