スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bondi Beach

Bondi beach blue▲年越し直前に混み混みビーチへ

年越しの直前に、この時期毎年世界で一番混んでいると言われるシドニーで最も有名なビーチの一つであるBondi Beach(ボンダイ・ビーチ)へふらっとドライブ。

Bondi cafe▲かわい子ちゃん発見!

ポタ夫も私もランチを済ませずに家を出たので、駐車してすぐに適当なカフェに入り空腹を満たしました。カフェもどこも混んでるみたいだったけど、こちらはすぐに入れてラッキー♪と言うか、空席のあるカフェを選んだ。適当に入ったので店名もよく覚えておらず、ご紹介できかねます・・・とほほ。スパイシーな味付けのチキンサンドイッチ、最高でした!

食後のデザートは、別のアイスクリーム屋さんに入って抹茶ワイルドベリーのダブルスクープをお散歩しながらポタ夫と半分こ♪

ぷらぷ~ら歩いていると、前方におサレなかわい子ちゃん発見(きりっ!)ビキニにレースのビーチスカート履いて、ネットのバッグ斜め掛けして、髪の毛は無造作なアップスタイル~。今度マネします。(うそ~ん!)

Mike at Bondi beach blue▲海と共に育った男

シドニーっ子のポタ夫、シドニーの海がよく似合います。

IMG_8322.jpg▲サングラスの露店

その名も、BONDI EYEWEAR。そのままです。つか、おっちゃんの姿勢w

IMG_8323.jpg▲観光バス

シティ内でもよく見かける真っ赤な観光二階建てバス。ボンダイ・ビーチも観光コースなんでしょうね~。真っ青な空に赤が眩すぃ~!

Mike at Bondi beach sepia▲泳ぎたかった!

急遽決めて家を出たので水着も何も用意して来なかった私たち。次回は絶対泳ぎます。

ポタ夫、2014年最後に素敵な午後をありがとう。

ご訪問ありがとう!
↓↓↓「読んだよー!」のポチッをよろしくお願いします


スポンサーサイト

『DAISO』 in Chatswood

ダイソー▲品揃えが日本より豊富に思えるDAISO

北シドニー(North Sydney)にあるチャッツウッド(Chatswood)という街に大きなショッピングセンター街があり、そこにあるMandarin Shopping Centerというショッピングセンターの中にダイソーシドニー1号店が入っています。

今日は引っ越し前にどうしても覗いておきたかったので、そそくさと行って大人買いしてきました。

感想を一言で言うと、



やっぱりすごいよね、日本って。

この言葉に尽きます。

ダイソー色々▲海外にいるとは思えない品揃え

日本のダイソーよりもいいんじゃない?と思ってしまうほどの品揃え。しかも最近の100均はオサレな商品がそろっているのねー。感心。

うー、来週ポタ夫が帰って来たらもう一回来れるかなー。

ちなみにTown Hallの地下にもダイソー2号店(?)がオープンしていますし、Hay Market(チャイナタウン近く)にも3号店らしき結構大きそうな店舗が10月くらいにオープンするみたいですね!どんどん広がってアデレードにも来てー!

・・・ お ま け ・・・

たこ焼き▲ランチのたこ焼き

今日は屋台『ころたこ』のたこ焼きをランチに。アツアツとろとろで美味しかったー。

SYDNEY MARDI GRAS 2012

マルディグラのロゴ▲今年からお目見え、♡が重なったマルディグラのロゴ

昨日からスタートしたMardi Gras。お友達に誘われて、Victoria Parkのイベントに行って来ました。Sydney Mardi Gras(シドニーマルディグラ)とは、世界三大同性愛者パレードの一つ。メインのパレードは3月に行われるようですが、各所で色んなイベントが行われるみたいですね。

メインステージ▲ビクトリア・パークに設置されたメインステージ

暑かったので座っては観ませんでしたが、会場となった公園のメインステージ上では、ダンスや音楽などのエンタテイメントが。

All Love Is Equal▲メッセージエリア

ハート型のメッセージカード▲間違いなくqueerの方のメッセージですね

また、ステージ前には"All Love Is Equal"(どんな愛も平等!)と書かれたハート型のカードにたくさんのメッセージが植えられてました。

屋台とお客さん▲屋台もたくさん

ひろーい公園内に所狭しと色んな種類の屋台が出ていました。飲み物や食べ物屋さんから、バー、洋服屋さん、中にはレザー屋さんとか。

オレンジジュース屋さん▲オレンジに入ったオレンジジュース屋さん

怪しい屋台▲おっと、なんか怪しいお店発見

簡易遊園地▲簡易遊園地みたいなのも設置してあった

もっと屋台▲見事晴れましたね

ある程度歩き回って日陰を見付けて大きな木の下でランチにすることに。ピクニック気分で気持ちいい~♪なんて思ってふと視線を上げると・・・


(*`ロ´ノ)ノ

     (*`ロ´ノ)ノ

           (*`ロ´ノ)ノ!!

おしりっ!▲おしり丸出しっ!!!

座った大きな木の下の目の前がレザー屋さんの出店で、ゲイの店員さんが“裸に皮”で商売されてました♡ちなみにこのおしり丸出しのお兄ちゃん、めちゃめちゃイケメン。ゲイの人ってほんとカッコいい男性が多いんだよねー。もったいないっ!

そんな光景を眺めながらのランチ。

うーん、貴重な経験・・・(遠い目)

こんな貴重な経験写真に収めないわけにはいかず、

ゲイのお二人と▲間に入って記念写真(※ここに↑のイケメンおしりくんはいません)

TVクルー▲TVクルーも

シティセンターを眺めて▲シティセンター(市内中心街)もくっきり

▼七色ちゃん❤
七色のおかまちゃんこんなに快晴だったのに、この後あつーい雲が公園上空に。急いでこの会場を後にしました。

メインのパレードは3月です!私は行く予定ありませんが(たぶんポタ夫に止められる)、もし観に行かれる方がいたら危ない場面もあるかもしれないのでご注意くださいねー。

【詳細情報】
シドニーマルディグラ2012 (日本語) 
SYDNEY MARDI GRAS 2012 (英語)

サッカー観戦

シドニーFCスタジアム
▲シドニーフットボールスタジアム


View Larger Map

こちらの記事も結婚式前の出来事になってしまいますが、地元シドニーのシドニーF.Cvsアデレードの試合を観戦しに行って来たので、今日はその様子を。

私は決してサッカーに詳しいわけではないのですが、サッカー観戦が嫌いじゃない。テレビでもよく見ていたし、東京に住んでいる時はポタ夫と一緒にマンチェスターユナイテッドvsガンバ大阪の試合を見るために仕事後に横浜まで足を延ばしたこともあったわー。

スポーツ大国オーストラリアにもJリーグと同じようにAリーグというサッカーリーグがあり、各都市地元のチームを持っています。残念なことに、Aリーグのレベルは私でもわかるくらい低いんですけどね・・。それでもスタジアムで味わうあの臨場感ったらたまらないっ!ってことで行ってきましたシドニーF.Cのスタジアム。

スタジアムに向かう途中、チャイナタウンでチャイニーズ、バー2件でアルコールを流し込んだよー。ポタ夫にとってワインはガソリンみたいなものなのね~。

シドニーFCサッカー観戦
▲①1件目のバーにて ②ガソリンを注入中のポタ夫 ③スタジアムにて ④中華街でガーリックチキン&エビ

はしゃぐポタ夫
▲スタジアムが見えてきて上がるポタ夫

スタジアムの中
▲スタジアムの中

シドニーFC側応援団
▲シドニーF.Cの応援団のみなさん

この人たち、始まりから終わりまで、太鼓でどんどんやりながら、ずーっと飛んだり跳ねたり歌ったり手叩いたり、フィールドの選手たちと一緒になって動いてたよ。途中でケンカになったのか、男性一人が警察に連れて行かれました(苦笑)

間近のプレー
▲プレー中の選手たち

座席が意外とフィールドから近くて、近めでゲームを楽しむことができたのでレベルが低くたって大満足~♪座席の値段も確か20ドル前後で馬鹿高くはなかったよー。

ちなみに、この日の試合は、2-2の引き分けで終わりました!そう言えばPKなかったな・・・

Queen Victoria Building

QVB
▲Queen Victoria Building

渋谷のハチ公のような存在でしょうか。シティの定番待ち合わせ場所と言えば、QVB前。QVBとは、Queen Victoria Building(クイーン・ビクトリア・ビルディング)の頭文字を取った略語です。入口の前に、ヴィクトリアさんの大きな像があり、彼女の前でいつもたくさんの人が待ち合わせをしています。

▼こんな感じ(※画像はお借りしました)
Queen VictoriaQVBの中は、3階建のショッピングモールで、洋服やバッグや宝石のお店、下着屋さん、メンズウェア、カフェやチョコレート屋さんがずらり。

Inside QVB
▲雰囲気はヨーロッパ(※画像はお借りしました)

Inside QVB2▲カフェ(※画像はお借りしました)

私はまだ敷居が高くてQVB内のカフェでお茶をしたことがありません・・^^;そ、そのうちやるわよっ=3

観光の際には、ここはぜひ見て頂きたいスポットの1つです。特に女子、覚悟して入りなされ~。


大きな地図で見る


そんなQVBの今年のクリスマスツリーの様子はこちら→QVBの巨大クリスマスツリー
プロフィール

tmk

Author:tmk
熊本生まれ熊本育ち、生粋の火の国の女。地元の大学卒業後2002年渡米→専攻学部に悩み紆余曲折するも、2006年オハイオ大学言語学部応用言語学科学士&修士課程修了→2007年日本語教師や会社員として北京にて新生活→2008年北京生活に終止符を打ち、東京へ。久々の日本に逆カルチャーショックを受けるもそれなりに謳歌。この時期にポタ夫と出逢う→2009年渡豪準備のため7年ぶりの帰熊。地元ワクチンメーカーの対米国政府プロジェクトチームで翻訳事務/通訳→結婚を機に退職。2011年9月-2012年9月シドニー→2012年9月-2016年アデレード→2017年-現在キャンベラ在住。渡豪後はフリーランス翻訳業務。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。